響ウイスキーは買取可能!響の買取相場と現在の価値を種類別に解説

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
p.gifx?idx=0.31772.251239.1195

国産ウイスキーの代表格である響ウイスキー。国際的な品評会でも評価されており、愛飲家以外の方でも知名度の高い響ウイスキーですが、その買取価格は高騰を続けています。

お手持ちの響ウイスキーの売却を検討するうえで重要なのはその買取価格ですが、種類によって買取価格は大きく異なります。なかには100万円以上の価格がつく、希少価値が高い響の銘柄もあります。

そこでこのコラムでは、響ウイスキーの品種紹介と買取相場、人気がある理由とおおまかな響の種類と希少価値が高い銘柄を紹介します。

このコラムを読めば、数ある響ウイスキーの買取相場がわかり、買取業者に持っていく際の参考になります。

響ウイスキーは種類が豊富!響は高額査定されやすい

響ウィスキーの種類

響ウイスキーは1989年にサントリーから発売されたブレンデッドウイスキーの名称です。

ブレンデッドウイスキーとは、モルトウイスキー(大麦が原料)とグレーンウイスキー(トウモロコシ・小麦・ライ麦が主原料に、大麦を加えたもの)をブレンドしたお酒の総称です。

響ウイスキーは基本的に酒齢のある「12年」「17年」「21年」「30年」と、酒齢のない「ジャパニーズハーモニー」の5種類に大別されます。

また、数量限定商品「響35年」という品種もあります。これは、人間国宝の酒井田柿右衛門が作った洋酒瓶に入っており、販売価格は100万円を超えていたにもかかわらず、即完売という人気ぶりでした。

いずれの品種もブランドとして確立されており、高額の買取が期待できます。

響ウィスキーの買取相場は?人気の響の特徴を種類別に徹底解説!

響ウィスキーの買取相場

響ウイスキーは使用する酒の酒齢によって商品名と価格が変わります。ここからは、種類ごとの特徴とその買取相場を紹介していきます。

響ウイスキーの種類①響ジャパニーズハーモニー

響ジャパニーズハーモニーは、2015年に発売された、響ウイスキーシリーズ初のノンエイジタイプの商品です。酒齢は基本的に10年前後でブレンドされており、価格も比較的お手ごろなエントリータイプとも言える銘柄です。

買取価格は比較的安価で約500~1,500円です。

響ウイスキーの種類②響12年

響12年は、酒齢12年以上のモルト酒とグレーン酒をベースに、30年以上熟成させた「超長期熟成モルト酒」や、梅酒樽で熟成させた「梅酒樽熟成モルト」をブレンドしたものです。

2009年には国際大会で金賞も受賞しており、長く響ウイスキーのエントリーモデルとして親しまれていましたが、2015年に生産を終了しており現在は販売されていません。

しかしながら、以前のエントリーモデルということもあり、買取価格は響ジャパニーズハーモニーとさほど変わらず約1,000~4,000円です。

響ウイスキーの種類③響17年

響17年はラインナップのなかで、もっとも初期に発売された品種です。樽に詰めて12年以上たった原酒をベースに、梅酒樽熟成モルト・超長期熟成モルトをブレンドしています。

響ウイスキー人気の火付け役ともなったモデルで、売れ過ぎたあまり生産が困難となってしまい、現在では販売終了となっています。

買取価格は約3,000円~5,000円です。

響ウイスキーの種類④響21年

響12年は山崎、知多、白洲と3つの蒸留所のよい特徴を活かし、かつ21年以上と超長期熟成した品種です。

また、限定ボトルとして有田焼の洋酒瓶に入っているモデルもあるのが特徴です。

買取価格は約30,000円~160,000円と、容器やモデルによって大きく異なります。

響ウイスキーの種類⑤響30年

響30年は、酒齢30年以上のモルト酒をベースとした、響ウイスキーの最高峰モデルです。年間2,000本程度しか製造されておらず、販売価格も125,000円と高額です。

製造数が少ないため、一連の作業はすべて手作業で行われており、ボトルも専用の「30面カットクリスタルボトル」に封入されています。

そのため、希少価値が高く、買取価格の相場も約150,000円~200,000円ととても高額です。

響の買取基準にはボトルデザインも重要だった!銘柄3選!

響ウィスキーの買取基準と銘柄

響ウイスキーはウイスキーのブレンド内容だけでなく、容器の付加価値も大きな特徴のひとつです。

響ウイスキーには、「意匠ボトル」と銘打たれた特別なボトルや、人間国宝でもある酒井田柿右衛門が作った洋酒瓶に入っている種類も存在します。

「意匠ボトル」のパッケージには日本画風の鶴や富士山などのデザインが施されており、酒類としてだけでなくボトルのデザイン性も人気の理由です。

①響17年意匠ボトル『鳳凰』

通常の響ウイスキー17年モデルが5,000円前後の価格で買い取られるなか、意匠ボトルシリーズは根強い人気を誇っています。

意匠ボトルは主に免税店などで海外向けに販売されたため流通数が少ない上に、この『鳳凰』モデルは初期に生産されているため希少価値が高く、買取価格もとくに高額になりやすいのです。

保存状態や買取を依頼する場所にもよりますが、約50万円以上の買い取り例もあるなど、非常に高額です。

②響21年九谷焼吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶

響21年モデルには九谷焼の壺型瓶に入ったものが存在します。

響21年九谷焼吉田屋風色絵雲龍文扁壺形瓶は、人気の高い響21年モデルです。さらに九谷焼容器の骨董的価値と販売数が少ないので非常に高い人気を誇っているのが特徴です。

発売当時の価格は28,000円程度でしたが、現在買取相場は約250,000円以上となっています。

③響35年十三代今右衛門作 色絵薄墨草花文洋酒瓶

響ウイスキーには元々30年モデルはあるものの、35年というモデルは存在しませんでした。これは、容器に封入する酒自体は決定していたものの、企画から容器の完成までの時間経過で酒齢も変化したと言われています。

響35年十三代今右衛門作 色絵薄墨草花文洋酒瓶の容器は骨董品で希少価値も非常に高いのです。また、人間国宝である十三代今泉今右衛門氏が新たにデザインを構想し、直接手がけた最後の作品です。

そのため買取価格の相場も130万円を超えており、酒の価値・容器の価値両方とも別格の一品と言えます。

響ウイスキーの買取方法は?3つの買取方法を紹介

響ウィスキーの買取方法

響ウイスキーの買取を買取業者にしてもらうには、3つの方法から選択できます。3つの方法は以下のとおりです。

  • 店頭買取
  • 宅配買取
  • 出張買取

それぞれ特徴が異なるので、メリットやデメリットを表にまとめてみました。

買取方法査定方法メリットデメリット
店頭買取店舗に持ち込むその場で現金化が可能量が多いと運ぶ手間がかかる
宅配買取郵送して査定時間の融通がきく梱包の手間がかかる
出張買取自宅に来てもらう量が多くても運ぶ手間がないスケジュールが合わないと時間を要する

3者3用の特徴がありますが、少しでも高値で買取してもらいたい場合は、「店頭買取」もしくは「出張買取」がおすすめです。実際に顔を合わせるので交渉がしやすいためです。

また、一度に売るお酒の量が多い場合は「出張買取」もしくは「宅配買取」を利用しましょう。ただ、宅配買取だと大きな梱包材を用意する必要があるので注意が必要です。

響ウィスキーの買取おすすめ業者5選

響ウィスキーを買取に出す

最後に響を買取してもらう場合のおすすめ買取業者を紹介します。

  • バイセル
  • リカーズ
  • ジョイラボ
  • ファイブニーズ
  • レッドバッカス

それぞれの買取業者ごとの特徴と、対応可能な買取方法も調査しました。店舗選びの参考にしてください。

バイセル

バイセルは全国対応の買取業者で、年間24万件の利用実績があります。買取方法は出張・宅配・持込(店頭)すべてに対応しています。

また、どの方法でも即日査定可能で、出張費用・査定費用・宅配キット・送料などはすべて無料です。

「利用実績の多い業者に依頼したい」「すぐに査定してもらいたい」という方におすすめです。

買取リカーズ

買取リカーズは宅配をメインとする買取業者です。関東・近畿・東海・北陸・甲信越地方であれば、出張買取も対応しています。

また、宅配キットは緩衝材・ダンボールを無料で送付してもらえます。ダンボールは最大5つまで利用可能です。

「お店に行く時間がない」「宅配キットを用意するのが面倒」という方におすすめです。

JOYLABO(ジョイラボ)

JOYLABO(ジョイラボ)は、全国に対応しているお酒の買取専門業者です。買取方法は店頭・出張・宅配すべて対応しています。宅配買取はキット無料・宅配料無料など費用負担ゼロで利用できます。

また、事前の査定は電話・メール・LINE・FAXなどさまざまな方法から選ぶことが可能です。

「事前にしっかりと査定してから買取してもらいたい」「なるべく実績のある業者に依頼したい」という方におすすめです。

ファイブニーズ

ファイブニーズはお酒買取専門店です。出張・店頭・宅配とすべての買取方法を利用できます。出張買取は北海道から沖縄まで幅広い地域に対応しており、査定費用・出張費用も一切かかりません。

また、ホームページ内には酒類の豆知識やブログも併設されており、買取依頼を検討する際の参考情報を得られます。

「無駄な費用をかけたくない」「知識のある業者に依頼したい」という方におすすめです。

レッドバッカス

レッドバッカスは、明治33年からと長い歴史をもつ業者で、千葉と岡山に店舗があります。出張・店頭・宅配とすべての買取方法を利用でき、出張買取は全国に対応しています。

また、レッドバッカス一番の特徴は「オークション代行」というサービスを利用できる点です。「オークション代行」とは、宅配買取と同様に店舗にお酒を送ると、レッドバッカスがヤフーオークションへの出品を代行でおこなうサービスです。

店舗での買取に比べて時間はかかってしまうものの、買取価格自体は高価になりやすい傾向にあります。

「少しでも高く売りたい」「歴史ある業者に頼みたい」という方におすすめです。

まとめ:響は高額の買取価格で査定される!

ここまで響ウイスキーの買取相場や希少価値の高い銘柄などを紹介してきました。すでに製造が終了されたものや数量・期間限定商品もあり、希少価値が付いている種類が多いです。

できるだけ高い買取価格を実現するためにも、自分が持っている種類の買取相場をしっかりと把握し、自分が利用可能な買取方法を選択する必要があります。

買取業者を検討する際は、買取方法・実績・査定費用などをしっかりと比較して選びましょう。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

カテゴリ一覧