壊れたスマホも買取可能!おすすめの買取業者と高価買取のポイントを解説!

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
壊れたスマホのおすすめ買取業者・高価買取のポイント

ネットで情報収集したりアプリを楽しんだり、とっても便利なスマホですが、機械ですから壊れて使えなくなるときは必ずやってきます。スマホが壊れたら新しいスマホを購入し、古いスマホはとりあえず家に保管しておくという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

個人情報の漏洩を考えるとゴミにも出しにくいですし、壊れたスマホを買取に出しても業者は応じてくれないだろうと考えてしまいますよね? しかし、実は壊れたスマホも買取可能なのです。この記事では、おすすめの買取業者と高価買取のポイントを解説します。

壊れたスマホでも買い取ってもらえる

捨てようと考えていたスマホが買い取ってもらえるとしたら、嬉しいものです。しかし、使えないスマホのどこに需要があるのだろうと疑問を感じますよね?もしかしたら、スマホの中に残っている個人情報が悪用されるかも……?と心配になってしまいます。

その不安や疑問を解消するため、壊れたスマホが買取後どうなるのかという点を説明します。

まず、壊れたスマホには修理して再販売するという用途があります。画面が破損した、電源が減りやすいなどの比較的軽い破損状況であれば、修理して再販売することが可能です。

店舗側としてもスマホを修理して売りに出したほうが、新しいスマホを仕入れるより安く済む場合が多く、メリットがあるのです。

また、損傷がひどく修理して再使用するのが難しい場合でも、分解して問題ない箇所のパーツを抜き取り、修理用部品としてストックするというパターンもあります。

新しく出たばかりの機種など修理用パーツがまだ普及していないケースも多く、ジャンク品のスマホの部品でも利用価値はあるのです。

買い取ってもらえるスマホの基準は?

壊れたスマホの買取基準は「電源が入るか」「動作が可能か」の2点です。電源が入らなければ、データが残っているのか判断できませんし、データの初期化もできませんから店舗としてもNGを出すしかありません。

液晶画面が割れてしまった、フレームが変形しているなど見た目的にはひどい破損状況でも、電源がつけば買い取ってもらえる可能性は高いです。どこまでの破損状況なら買い取ってもらえるのかという点は、買取に出す店舗によって異なります。

ただし、高い修理技術を持っていたり流通経路を確保できている業者であれば、電源が入らなくても買取に応じてもらえる可能性があります。

買取時の注意点は?

以下の項目に該当すると、買取可能なスマホであっても買い取ってもらえない可能性が高くなるので注意してください。

・売主が未成年

・データが残っている

・スマホの残債がある

原則、未成年からの買取はどの店舗もおこなっておりません。未成年がスマホを買取してもらうには、保護者に同伴してもらったり、同意書を提出したり、という対応が必要です。店舗によって対応が異なりますので、事前に確認するようにしましょう。

また、個人情報が残っているスマホも買取不可と判断される可能性が高くなります。個人情報が残っているスマホを買取に出すのは安全性の観点からも良くないので、必ず買取前にデータを初期化すべきです。

代表的なスマホの残債は、分割払い中の機種代金です。機種代金を購入時に一括して支払うのではなく、12ヵ月や24ヵ月のようにローンで支払ってる場合、機種代金の支払いが残っている状態のスマホを買取に出そうとすると、店舗側から拒否されるケースがあります。

残債があるスマホが新しい利用者の手に渡り、万が一、前の利用者の残債の支払いが滞ると、新しい利用者に落ち度が無いのにスマホ利用を止められてしまうことがあるためです。これでは、あまりにも新ユーザーが可哀想です。

このような事態を防ぐため、残債が残っているスマホの買取は拒否されることが多いのです。

以上、スマホ買取時の3つの注意点でした。

壊れたスマホはどこで買い取ってもらえる?

壊れたスマホの売却先ですが、大きく分けて「買取業者」と「オークションサイトやフリマアプリなどのネット業者」の2つが候補となります。それぞれについて解説します。

オークションやフリマアプリ

壊れたスマホは、オークションやフリマアプリを利用して売却可能です。オークションサイトやフリマアプリの代表的な例といえば、ヤフオクやメルカリです。実際に、ヤフオクでは画面割れしたスマホの出品が多数確認できますし、入札も何件もついています。

オークションやフリマアプリは個人間で手軽に売買できるのがメリットですが、その分価格交渉や梱包、配送など売却に関わる作業は全て自分で行わなければならないため、労力や手間がかかるのがデメリットだといえます。

また、ネットを通じた個人間の売買なのでどうしてもトラブルが発生しやすいのも難点です。

ちなみに、スマホの売却を専門的におこなうフリマサイト「スマホのマーケット」というフリマアプリもあります。スマホのマーケットでは、故障品やジャンク品のスマホも扱いデータ無料削除のオプションもあるので、安心して売却が可能です。

買取業者

修理技術を保有していて、事業として携帯電話の買取をおこなっている業者を利用する選択肢もあります。

携帯電話の買取を専門的に取り扱っている業者もあれば、色々なジャンルの商品の買取をおこなっており、その中のひとつで携帯電話も扱っているという業者もあります。

たくさんの業者があるので業者選びが面倒ですが、査定額が比較的高い、即現金化できるといったメリットがあります。したがって、買取業者はネットオークションやフリマアプリよりもおすすめです。

下記におすすめの業者を紹介していますので、ぜひ読み進めてみてください。

壊れたスマホの買取相場

壊れたスマホはどれくらいの金額で売れるのか、気になりますよね。また、どうせ売るならできる限り高額で取引してもらいたいものです。高価買取のためには、壊れたスマホの買取相場を知っておくことが大切です。ここでは、android、iPhoneの買取相場を紹介します。

android

壊れたandroidは、最新機種なら壊れていても1万円程度の値がつくことがありますが、型落ちのスマホの場合、数百円~数千円程度が相場です。

androidは機種の入れ替わりが激しいこともあり、高値がつかない傾向にあります。スマホの買取は、新機種が発売されるとひとつ前の機種の買取価格が急降下することが特徴です。

androidには多くの機種があるため、取り扱い店舗により価格が異なるため、上記金額はあくまで目安のとしてお考えください

iPhone

iPhoneは人気があるため、中古市場でも需要が高く、買取価格も高価になる傾向があります。androidは買取不可であってもiPhoneは対応している業者もあります。

しかし、それでも古い機種であれば買取価格は大幅に下がるため、iPhone5S以前の機種では数百円程度にしかなりません。

しかし、iPhone5s以降の機種では、5,000円~数万円と一気に跳ね上がります。したがって、iPhone5s以降の機種が壊れてしまったのなら、積極的に買取に出すと思わぬ高価買取の可能性もあります。

壊れたスマホのおすすめ買取業者5選

ネットで「スマホ 買取業者」と検索しても、たくさんの業者が出てきてどれを選ぶべきななのか迷ってしまいますよね。ここでは、そうした業者選びで困っている方のために、おすすめの買取業者を5つ紹介します。

ジャンクバイヤー

ジャンクバイヤーは、ジャンクスマホの買取を専門的におこなう業者です。査定や送料、買取不成立時の返送料まですべて無料です。買取方法はWeb、LINE、郵送、店舗と4つの買取方法から選択できます。

ジャンクバイヤーでは、商品を一律の値段で買い取るのではなく、それぞれの症状に合わせた適正な価格で査定しています。したがって、他店に比べて高価な買取価格となりやすい傾向があります。

2009年からスマホの買取を専門的に取り扱っているため、過去の買取情報を利用した適正な買取価格を出しています。利用者からも、他店より買取金額が高かったとの満足の声が多数寄せられています。

また、キズがあったり付属品が無いことによる減額もおこなっていません。データ消去についても、専用の消去ソフトを使って安全に確実に実施してくれます。

HPに乗せられている実績として、フロントガラス割れのiPhone6S 128GBを22,000円で買取したという事例があります。

大黒屋

買取業界大手の有名会社である大黒屋も当然のことながらスマホの買取をおこなっています。大黒屋は現在、スマホ買取を強化しており、スマホの年間買取件数は89万件というトップクラスの実績を誇っています。

最短3分で買取金額が分かるスピード対応も魅力のひとつ。店舗なら即現金化し、宅配でもスピードを重視しています。また、査定・送料・キャンセル料全て無料です。大手ならではのノウハウや流通経路を生かし、高額買取が実現しやすいことも特徴です。

スマホ買取ネット

スマホ買取ネットは壊れていてもできる限り買取をおこなうと掲げているので、他店で買取を断られてしまったスマホでも買取してもらえる場合もあるのが特徴です。

WEB上の見積もりフォームに入力するだけで、電話やメールにより無料査定が受けられます。窓口をWEB一本に絞る(店舗を持たない)ことで経費削減しており、その分査定金額に上乗せしています。したがって、業界最高クラスの高額査定を実現しているのです。

宅配買取にも対応しており、箱に商品を詰めれば無料で自宅まで引き取りに来てくれますし、郵送でお願いしたい場合は無料で梱包キットを送付してくれます。このように、高額査定だけでなく対応も丁寧な業者です。

ゲオ

レンタルDVD店として有名なゲオですが、壊れた携帯電話やスマホも買取しています。最低買取価格は100円と公表していることも特徴です。

ゲオの買取では、本人以外の買取ができません。友人や知人、家族や同居人であっても買取を拒否されてしまうので注意してください。同意書があっても本人が来店しなければ買取は認めてもらえないのです。

一方、分割支払い中の端末でも、条件付きで買取を可能としています。条件とは、ゲオに買い取ってもらった後、支払いを完了させることです。

ただしペナルティが大きく、買取金の全額を返金し、かつ買取金額の5倍もの損害賠償金を支払う必要があります。これは残債の支払いができないとスマホが利用停止となりゲオに損害が生じるためです。

ゲオは頻繁に携帯買取強化キャンペーンをおこなっているので、キャンペーンのタイミングで持ち込めば、壊れたスマホであっても高額買取が実現しやすくなります。

BUY王

BUY王は業界トップの取扱商品数を誇り、まとめ売りに強い中古買取サイトです。宅配買取を依頼する場合も、沖縄から北海道まで全国どこでも送料が無料です。また、集荷ダンボールまでお届けするサービスも実施しています。

まとめ売りを依頼すれば商品の査定金額にプラスアルファの金額がつき、その金額は商品の数が多くなればなるほどアップします。ですので、壊れたスマホ以外にもゲーム機やデジタル家電など買取ってもらいたいものがあるなら、まとめて依頼するのがおすすめです。

買取はWEBサイトから申し込み、商品を梱包→集荷→査定→入金という流れで行います。商品の梱包の際は身分証明書のコピーが必要です。

一点一点の買取価格を表示した買取明細も作成してくれるので、まとめて依頼した場合でも価格が明快に分かります。

新作や人気作は高価買取をすると謳っているので、iPhoneの比較的新しい機種などは高額買取の可能性が高まります。

壊れたスマホをできるだけ高額で売るポイント

ここからは壊れたスマホを高額で売るポイントを解説します。

新しい機種であること

新しい機種は買取価格が高くなります。iPhoneの最新機種であれば、壊れていても数万円の値が付く可能性もあるのです。

きれいな状態が保たれている

端末がきれいであればあるほど、新品の状態と近くなるため、高価買取が可能です。スマホには手垢などの汚れが残っていることが多いため、液晶画面、ボタン、レンズをすみずみまで掃除すると買取価格に反映されます。

アルコール消毒を施したウェットティッシュで大まかな汚れを取り、ティッシュを巻いた爪楊枝を使い、段差など細かいところを掃除する、という流れがおすすめです。

使用時の心がけとして、液晶カバーが1,000円程度で売られているので、装着しておくと対策可能です。「たかが掃除なんて」と思われるかもしれないですが、きちんと掃除をするだけで査定額が変わります。

業者のクリーニング費用まで考慮すると1,000円単位で金額が変動するので、入念に掃除をしましょう。

複数の買取業者を比較する

買取価格は業者によって異なるため、より高く買取してもらいたければ複数の買取業者を比較するべきです。多くの業者が無料査定に対応しているので、いくつかの査定を利用してみるとよいでしょう。(キャンセル料が無料の業者もあります)

店舗に在庫が少なければ値段が上がりやすくなり、逆に在庫のストックが余っていれば安値となる傾向があります。

リサイクルショップを利用するのであれば、棚に並んでいる商品を確認してみてもよいかもしれません。

また、箱や説明書などの付属品がついていたほうが高額査定の可能性が高まります。付属品は捨てずに保存しておきましょう。

まとめ

この記事のまとめは、以下のとおりです。

・壊れたスマホでも買取可能

・電源が入り動くのであれば買取対応してくれるケースが多い

・高額買取のためには新しい機種であることが大切

・androidよりもiPhoneが高い傾向にある

・ネットオークションやフリマアプリよりも買取業者を利用するのがおすすめ

・きれいに掃除しておくと高値がつきやすい

壊れたスマホは買取に出せないと思いがちですが、そんなことはありません。店舗によって基準は異なりますが、多くの場合、電源がつき作動が可能であれば買取に応じてくれます。本記事で述べたおすすめの買取業者や高額買取のポイントを参考に、高価買取を目指してみてはいかがでしょうか。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

カテゴリ一覧