ワインの買取相場まとめ!高く売れる種類や特徴をチェック | uruka(ウルカ)

ワインの買取相場まとめ!高く売れる種類や特徴をチェック

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
bf5187150abb4514680555391cb26d38

ワインの買取はどのくらいでしてもらえるのか気になりますよね。家に余っていたワインや頂き物のワインなど、少しでもお得に買取してもらいたいものです。

実は、ワインは銘柄によって買取相場が異なります。高いものだと100万円近くの価格がつくこともあります。

そこで今回のコラムでは、ワインの種類ごとの買取相場や、買取の際の注意点と、ワインの買取業者を紹介します。

この記事を読むことで、買取相場だけではなく、ワインの買取のポイントが分かります。

飲まないワインは買取へ!買取できるポイントを知ろう

ワインとぶどう

ワインは、飲むだけではなく、世界中にいるワインコレクターからの需要があります。そのため、さまざまな形で買取されています。

ただ、すべてのワインが買取できるわけではなく、買取できるワインには以下の2つのポイントがあります。

  • 未開封であること
  • 見た目の良さや付属品の有無

それぞれのポイントについて解説していきます。

ポイント①未開封であること

ワインを買取をしてもらうためには「未開封であること」が絶対条件です。一度開封してしまうと、ワインが酸化し香りや味が落ちます。そのため、需要がない場合が多く、買取をしてもらえません。

ただし、なかには開封済みでも空き瓶のみを買取ってもらえる場合があります。人気の銘柄はコレクターからの需要が高く、最大数万円の値がつく可能性があります。

ポイント②見た目の良さや付属品の有無

ワインの買取において重要なのが見た目の良さです。未開封でない限り、基本的には買取をしてもらえますが、あまりにも汚れが酷い場合やラベルがほとんど剥がれていた場合は買取対象にならない可能性があります。

そのため、なるべく保存状態をよくし、買取にだす前にはボトルの汚れをふき取ったり、ラベル剥がれを多少修復しましょう。

また、少しでも高値を望むなら、付属品も一緒に買取にだしましょう。ワインコレクターにとってはワインの本体だけではなく、替え栓や箱といった付属品もセットで欲しい重要なものです。

ワインを買取へ!ワインを売る際の買取方法

ワインの買取方法イメージ画像

ワインを買取にだそうと思ったら、まずは買取方法をチェックしましょう。ワインの買取方法は以下の3つです。

  • 店頭買取
  • 出張買取
  • 宅配買取

それぞれの特徴やメリット、デメリットを簡単に表にまとめてみました。

買取方法特徴メリットデメリット
店頭買取店舗に持ち込むその場で現金化が可能 金額交渉が可能量が多いと運ぶのが大変
出張買取自宅にきてもらう量が多くても運ぶ手間がない在宅日を確保する必要がある
宅配買取自分で郵送する時間の融通がきく 人と顔を合わせずに済む梱包料や手間賃がかかる

各方法で特徴が異なっていますが、どれもニーズに合わせて利用するとよいでしょう。

すぐに手もとにお金が欲しいなら「店頭買取」、大量にお酒を売るなら「出張買取」、自分の好きな時間に査定を依頼したいなら「宅配買取」がおすすめです。

ワインの買取相場は?ワインの種類別ごとの買取価格

ワインの買取相場のイメージ画像

ワインを売る前にまずは大まかな買取相場を知っておきましょう。買取相場を知っておくことで、査定の際、その価格が適切かどうか判断するのに役立ちます。

ワインの買取相場①ロマネコンティ

ロマネコンティは、ブルゴーニュ地方のヴォーヌ・ロマネ村にあるDRC社が製造しているワインです。ブルゴーニュ地方はブドウを栽培する最適な場所ですが、DRC社が所有する農地の面積は極端に狭く、年間6,000本しかワインが製造することができません。

また、化学肥料を使わない伝統的な農法で栽培されているため品質が高く、希少性も相まって価格が高騰しています。

買取相場は、年代にもよりますが、約300,000~1,000,000円です。なかでも当たり年とされる1999年や2010年は買取相場が非常に高くなる傾向があります。保存状態がよいものは、1,000,000円以上で買取された実績もあります。

ワインの買取相場②シャトー

シャトーワインはフランスのボルドー地方で製造されたワインです。ボルドー地方のなかでもメドック地区で製造されたものを指します。

シャトーワインは品質によって格付けされており、第1級の称号がつけられた「5大シャトー」が有名です。5大シャトーは以下のとおりです。

  • シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • シャトー・ラトゥール
  • シャトー・マルゴー
  • シャトー・オー・ブリオン
  • シャトー・ムートン・ロートシルト

5大シャトーはボルドーワインの最高峰ともされており、ワインのなかでは買取価格が高めです。

以下で5大シャトーの買取相場を一覧表にまとめています。

5大シャトー名称買取相場
シャトー・ラフィット・ロートシルト約30,000~80,000円
シャトー・ラトゥール約15,000~100,000円
シャトー・マルゴー約20,000~50,000円
シャトー・オー・ブリオン約20,000~40,000円
シャトー・ムートン・ロートシルト約20,000~100,000円

買取相場は、低いものだと約10,000円台で、高いものだと約100,000円と差が大きいです。これはすべて年代によるもので、当たり年と言われているものは買取相場が高くなる傾向があります。

たとえば、シャトー・ラフィット・ロートシルトは1982年、シャトー・ラトゥールは2005年・2009年、シャトー・マルゴーは2015年、シャトー・オー・ブリオンは1989年、シャトー・ムートン・ロートシルトは2000年です。

ワインの買取相場③カリフォルニアワイン

カリフォルニアワインはアメリカのカリフォルニア州で製造されたワインです。飲みやすい口当たりが人気のワインで、買取も盛んにおこなわれています。

いくつかの種類がありますが、そのなかでも代表的なカリフォルニアワインの買取相場を調査しました。

カリフォルニアワインの種類買取相場
オーパスワン約15,000~30,000円
スクリーミングイーグル約100,000~300,000円
カレラ約3,000~10,000円
ハーラン・エステート約50,000~70,000円
ケンゾーエステイト約5,000~30,000円

カリフォルニアワインの買取相場は約3,000~300,000円と幅が広いです。とくに買取価格が高いのはスクリーミングイーグルです。生産量が年間10,000本しかなく、希少性が高いため、買取相場も高値がついています。

ワインの買取相場④ボルドーワイン

ボルドーワインはフランスのボルドー地方で生産されたワインです。さまざまな地区で生産されており、世界的に人気があります。

とくに人気のボルドーワインは先述した5大シャトーですが、今回はそれ以外で人気の高い種類の買取相場を調査しました。

ボルドーワインの種類買取相場
シャトーペトリュス約100,000~300,000円
シャトールパン約100,000~500,000円
ル・オー・メドック・ド・ジスクール約3,000~5,000円

シャトーペトリュスやシャトールパンは、買取相場が非常に高いです。一方で、ル・オー・メドック・ド・ジスクールをはじめとするボルドーワインは買取相場が低いです。

ワインの買取相場⑤スペインワイン

スペインワインは製造量世界3位のワイン大国スペインで生産されたワインです。ここでは代表的なスペインワインの買取相場を紹介します。

スペインワインの種類買取相場
ベガ・シシリアウニコ約20,000~30,000円
ドミニオ・デ・ピングス約25,000~60,000円
テルマンシア約15,000~20,000円

スペインワインの買取相場は、銘柄ごとにあまり差がありません。平均的な買取相場は約10,000~20,000円を見ておくとよいでしょう。

ただ、ドミニオ・デ・ピングスは年代・保存状態によって約60,000円の高値がつきます。これは生産量の少なさや、有名なワイン評論家が大絶賛したことから人気に拍車がかかり、現在は入手困難なワインとなっているためです。

ワインの買取相場⑥イタリアワイン

イタリアは世界最大のワインの生産国です。生産地が多数あり、世界各地での需要が高いです。

ここではそのなかでも買取で人気のあるイタリアワインの買取相場を調査しました。

イタリアワインの種類買取相場
サッシカイア約約5,000~6,000円
ガヤ約10,000~30,000円

イタリアワインの買取相場は比較的低めです。これは、需要が多い一方で、市場に出回る本数も多いためです。

ただ、ガヤは銘柄が多く、希少価値の高いものもあります。「コスタ・ルッシ」は年間本数が7,000本と少ないため、買取相場も比較的高めです。

ワインの買取相場⑦チリワイン

チリワインは国内の輸入量が最大の人気のワインです。買取市場ではあまり多くみられませんが、買取はしてもらえます。

とくに買取実績が多いのは「アルマヴィーヴァ」という種類です。これはトップワイン・オブ・2017で世界第一位を獲得したワインです。

買取相場は約4,000~7,000円とほかのワインと比べると、低めです。

ワインの買取相場⑧日本ワイン

日本ワインは国内のブドウで造られたワインのみを指します。代表的な産地は山梨・北海道・長野・山形です。なかでも山梨県は国内最大の生産地で、ワイナリーが多いです。

今回は買取市場で人気のある2つの日本ワインの買取相場を調査しました。

日本ワインの種類買取相場
シャトー・メルシャン約10,000~30,000円
城戸プライベート約10,000~50,000円

城戸プライベートは最大約50,000円の買取相場がつきますが、これは「プロジェクトK」という種類に限ります。抽選販売のみという希少性の高さが買取価格に影響しています。

美品ワインでも買取不可?偽物ワインに要注意

ワインとワインボトル

ワインのなかには高級ワインと呼ばれるものが多く存在します。ただ、高級ワインと謳われているものであっても偽物ワインは要注意です。買取に出したワインが偽物の場合は、買い取りはしてもらえません。

偽物ワインとの見分け方は以下の5つです。

  • ラベルの印刷が不明瞭
  • 無地のコルクを使用している
  • ラベルが古いわりにコルクが新しい
  • ボトルがでこぼこしている
  • ボトルの重さが極端に軽い

どの項目にも共通するのが、つくりが雑であるということです。コルクに関しては開封しないと分からないので、確認することはできませんが、それ以外の部分はワインをよく見ることで判断ができます。

もしどうしても判断が難しいという場合は、一度買取業者に持っていって見てもらいましょう。基本的に見てもらうのは無料なので、気軽に相談に行けます。

ワインを買取してもらおう!おすすめ買取業者3選

ワインとぶどう

最後にワインを買取してもらう場合のおすすめ買取業者を紹介します。

ワインの買取実績が豊富で、査定も信頼できる買取業者は、以下の3社がおすすめです。

  • リカーズ
  • ジョイラボ
  • レッドバッカス

それぞれの店舗ごとの特徴と買取品目も調査しました。店舗選びの参考にしてください。

買取業者①買取リカーズ

買取リカーズは宅配をメインとする買取業者です。関東・近畿・東海・北陸・甲信越地方であれば、出張買取も対応しています。

また、宅配キットは緩衝材・ダンボールを無料で送付してもらえます。ダンボールは最大5つまで利用可能です。

ワインの買取実績一例

  • ボルドーワイン
  • ブルゴーニュワイン
  • カリフォルニアワイン
  • イタリアワイン
  • スペインワイン 
  • ドイツワイン など

「顔を合わせずに買取してもらいたい」「宅配キットを用意するのが面倒」という方におすすめです。

買取業者②JOYLABO(ジョイラボ)

JOYLABO(ジョイラボ)は全国対応のお酒の買取専門業者です。買取方法は店頭・出張・宅配すべて対応しています。宅配買取はキット無料・宅配料無料など費用負担ゼロで利用できます。

また、事前の査定は電話・メール・LINE・FAXなどさまざまな方法から選ぶことが可能です。

ワインの買取実績一例

  • カリフォルニアワイン
  • イタリアワイン
  • ボルドーワイン
  • ブルゴーニュワイン
  • スペインワイン など

「なるべく実績のある業者に依頼したい」「無駄なお金を払いたくない」という方におすすめです。

買取業者③レッドバッカス

レッドバッカスは、酒類全般の買取をおこなう業者です。出張・店頭・宅配とすべての買取方法を利用でき、出張買取は全国に対応しています。

また、即日現金化が可能・他社より査定額が安ければ全品返却対応・状態が悪いワインでも査定など多様なニーズにも対応しています。

ワインの買取実績一例

  • シャトー
  • ボルドーワイン
  • カリフォルニアワイン
  • 日本ワイン など

「少しでも高く売りたい」「歴史ある業者に頼みたい」という方におすすめです。

まとめ:ワインを買取業者に査定してもらおう!

ここまでワインの買取で重要なポイント、買取相場、おすすめの業者を紹介してきました。

  • ワインの買取は未開封であること、見た目の良さや付属品の有無が重要
  • ワインの買取相場は種類・銘柄によって大きく異なる
  • 偽物のワインを判断するポイントはラベル・コルク・ボトル本体の3つ

ワインを買取してもらうなら、今回紹介したワインの買取相場を参考にしたうえで、買取業者に依頼しましょう。その際は、買取実績や買取方法も参考にして選ぶと良いですよ。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

カテゴリ一覧