バリューブックスの評判は?買取の流れや査定の口コミもご紹介! | uruka(ウルカ)

バリューブックスの評判は?買取の流れや査定の口コミもご紹介!

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
p.gifx?idx=0.31772.251239.456

本の宅配買取サービスとして、近年人気が高まっているバリューブックス。

古本や漫画の買取で有名なサービスですが、その魅力とは一体何なのでしょうか。

この記事では、バリューブックスの評判、宅配買取の流れや実際の口コミについてご紹介します。

バリューブックスの基本情報と特徴

出張買取
宅配買取全国‎
店頭買取
買取対象書籍、漫画(セット)、DVD、アルバムCD、ゲームソフト、ゲーム機
入金方法銀行振込(最短2営業日以内)
査定料金500円/箱
受付時間年中無休
(月~土 10:00~12:30、13:30~21:00)
(日 10:00~12:30、13:30~17:00)
  • おためし査定で気軽に査定OK
  • 本棚スキャンで背表紙だけでも仮査定できる
  • 無料会員登録で本人確認も口座登録も楽々

バリューブックスの悪い口コミ・評判

20代・男性
20代・男性
送料が自己負担なので使いにくい
送料がかかるので点数が少ない場合だと査定額が安くなってしまう。本当に使いにくい。今回は11冊で4,800円。500円引かれていると思うと1箱いっぱいに詰めて送らないと損した気分になる。
30代・女性
30代・女性
減額されました
事前査定の金額を見てから送ったのに減額された本が何冊かありました。減額の基準がまったくわからないので1冊ごとに教えてもらいたいです。
20代・男性
20代・男性
ダンボールの準備が面倒
他の買取業者はダンボールを無料で送ってくれるのに、バリューブックスは自分で用意するひつようがあるのが手間なのでマイナスポイントです。

バリューブックスの良い口コミ・評判

40代・女性
40代・女性
引越しの片付けで利用
集荷が早いのが良かったです!引越しのタイミングで本を処分したくて急いでいたのですが、当日集荷にきてくれたので助かりました!査定金額は古本50冊ぐらいと漫画20冊ぐらいで1万円ちょっとになりました。事前査定では参考書とか技術書が高い値段でした。
20代・男性
20代・男性
返送料が無料なのが良い
何冊か売る場合は送料も無料になりやすいし返送料も無料なので安心できます。
30代・女性
30代・女性
事前査定が便利
宅配買取をお願いする前に事前査定をしました。送ってみたら事前査定の金額とほぼ同じ値段で売れました!ビジネス書が高い買取価格に設定されている印象でした!

バリューブックスの宅配買取の流れ

それでは、バリューブックスで本を売るためにはどうすれば良いのでしょうか?

実はバリューブックスでは他の買取業者とは少し違ったシステムを使って買取を依頼することができるんです。

バリューブックスで本を売るための方法についてご紹介します。

①お試し査定

バリューブックス最大の特徴が「お試し査定」です。

お試し査定は買取を希望する本をスマホで撮影するだけで、その本のタイトルから仮査定ができるというものです。お試し査定で高額買取を望めそうだった場合は、実際に買取を依頼してみましょう。

また、バリューブックスでは買取を依頼するために無料会員登録が必要です。買取を行う場合は身分証の提示が法律で義務付けられており、会員登録の際に身分証明書の提出が必須ですので準備しておきましょう。

このとき、口座番号も登録しておけば、スムーズに買取から振込まで行なってもらうことができます。査定の連絡もサイト内のフォームで直接やりとりを行うことができます。

②本の梱包

バリューブックスでは宅配買取のみの受付ですので、実際に買取を依頼する場合は、依頼する本をダンボールに梱包する必要があります。

古い本など、他の本と接触させることに抵抗がある場合は本を1冊ずつビニールなどで覆うのもおすすめです。

③集荷申込

集荷の申し込みは自分で直接宅配業者に行う場合も多いですが、バリューブックスでは公式サイトの申し込みフォームから申し込めます。伝票を用意する必要がないので、そのまま指定の日時に来る宅配業者の集荷を待ちましょう。

送料については、1箱あたりが買取金額から天引きという形で請求されます。そのため、集荷の際に支払いが発生する心配はありません。

④査定

集荷してもらった本がバリューブックスに届いたら、実際に査定をしてもらいます。バリューブックスでは本を大切にするという経営理念から、届いた本も非常に丁寧に査定してもらえます。

本の到着後2〜4営業日以内に査定が完了し、実際の見積もり金額を通知してもらえます。

⑤入金

見積もり金額に同意をしたら、専用フォームから振込依頼を選択して買取が成立します。あとは2営業日以内に買取金額が振り込まれるのを待ちましょう。

実際に銀行口座でも振込がされていることを確認したら、買取は完了です。

バリューブックスのメリット・デメリット

以上のように、バリューブックスは他の本買取業者とはまた違ったシステムで買取依頼を行います。

そのバリューブックスの買取に関するメリットとデメリットについてもそれぞれご紹介します。

バリューブックスに買取を依頼するメリット

  • 他の買取業者と比べると1.5倍の査定額
  • お試し査定で送る前におおよその査定額がわかる
  • 買取までの流れがかなりスピーディー

バリューブックスは1箱送るのに500円の料金が掛かりますが、それを差し引いても元が取れるよう、他の業者の1.5倍の相場で買取を行ってくれます。ですので近所の古本屋では安く査定された本も、バリューブックスでは高額買取を実現できるかもしれません。

宅配買取は郵送や査定に何日も時間を要する業者も多いですが、バリューブックスの査定はスピーディーで、郵送後、査定や買取金額の振込も非常に速やかに行ってもらえます。

バリューブックスに買取を依頼するデメリット

  • 1箱500円の送料が必要になる
  • 人によっては査定額が安く感じる人も
  • 出張買取や店頭買取は利用できない

バリューブックスは、本を送るのに1箱500円の送料が掛かり、そこをネックに感じている方は多いです。

ですが、この送料よって相場より高い買取金額が成り立っています。もし買取金額が1000円に満たない場合、送料無料の姉妹サイトである「Vaboo」の利用がお得です。

また、宅配買取のみなので出張買取や店頭買取を依頼したい方としては不便を感じるかもしれません。

バリューブックスの買取で失敗しないためのポイント

  • 必ずお試し査定をする
  • 本は出来るだけ綺麗な状態で送る
  • 1箱に出来るだけたくさん本を詰める

バリューブックスではいきなり宅配買取を依頼することもできますが、まずは無料のお試し査定を依頼するべきでしょう。

1箱500円の送料が掛かるので、実際に送ってから思っていた金額ではなく「やっぱり売らないでおこう」と思うと、送料の500円が無駄になってしまいます。

また、本はその状態によっても買取価格が大きく違ってきます。当然、状態が綺麗な方が買取価格が高くなるので、埃を払っておいたり、本同士が接触しないよう丁寧に梱包したり、できるだけ綺麗な状態で送りましょう。

送料が箱数単位で掛かるので、1箱にできるだけ買い取ってほしい本をたくさん詰めることも大切です。

バリューブックスの買取に関する3つのQ&A

では、実際にバリューブックスを利用するうえでよくある質問を3つご紹介します。買取業者を利用するうえで、出来るだけ情報収集をして後悔がないよう利用しましょう。

Q1. 本以外には何を買い取ってもらえる?

基本的にはDVD、アルバムCD、ゲームソフト、ゲーム機などのメディア媒体を扱ってもらうことができます。箱の中のスペースが余ったら、これらも合わせて買取を依頼するのもおすすめです。

これらのメディア媒体についても、お試し査定をすればそのおおよその査定金額を教えてもらうことができますよ。

Q2. ダンボールのサイズは?

ダンボールは縦横高さの合計が160cm以内、そして総重量25kg以内に納める必要があります。ダンボールについては郵送してもらうことができませんので、自分で用意する必要があります。

ダンボール、梱包材については100円ショップを利用したり、手元にあるダンボールを利用することをおすすめします。

Q3. キャンペーンはいつ開催される?

基本的にバリューブックスでは買取強化キャンペーンなどは開催されていません。ですが、本やメディア媒体の市場価値はどんどん変わっています。

タイミングを狙えば、通常よりも高く本を買い取ってもらえるかもしれません。ぜひお手持ちの本の市場価格を照らし合わせながら依頼してみましょう。

バリューブックスの口コミ・評判まとめ

バリューブックスは本を大切に扱ってくれる宅配買取の専門店です。1箱500円の送料がかかる一方で他の業者と比べても買取相場が高いのが魅力です。

特に高額買取が望める書籍であれば、ぜひバリューブックスでの利用を検討してみてくださいね。

バリューブックスの運営会社情報

会社名株式会社バリューブックス
設立年月日2007年
住所長野県上田市秋和537
電話番号0120-826-299
事業内容リユース事業、書籍販売事業
古物商番号長野県公安委員会第481100800018号
公式サイトhttps://corporate.valuebooks.jp/
  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

カテゴリ一覧