古いウイスキーは買取できる?高価買取のポイントや相場をご紹介! | uruka(ウルカ)

古いウイスキーは買取できる?高価買取のポイントや相場をご紹介!

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
p.gifx?idx=0.31772.251239.1195

古いウィスキーを買取してもらおうと思ったときに一番気になるのは買取価格ですよね。

買取価格はピンからキリまであり、年代が古かったり販売数が少ない物は貴重であるため、高く買取される傾向があります。なかには100万円以上で買取される銘柄もあります。

そこでこの記事では、古いウイスキーの高価買取のポイントや、具体的な買取相場について紹介していきます。 これを読めば、ウイスキーの買取相場を把握することができ、高価買取してもらえるポイントをおさえることができます。

古いウイスキーは買取できる!気になったら一度査定へ

古いウィスキーは買取に出す

古いウィスキーを買取してもらおうと思ったら、まずは業者を探しましょう。無料で査定してくれる業者が多く、出張買取を依頼することもできます。

査定を依頼する際はなるべく未開封のウィスキーが望ましいです。理由としては、ウィスキーが蒸留という過程を経た度数の高いお酒であるためです。未開封であればおおよその品質を保つことができ、品質劣化などの心配がないため買取をしてもらいやすくなります。

ただ、たとえ開封済みであっても買取が可能な場合も多いです。気になる場合はまずは問い合わせをしてみましょう。しっかり空気に触れずに保存することによって、質の低下を抑えることができます。

なぜ買取してもらえる?コレクターなど買い手がいるから

古いウィスキーでも買取してもらえる理由は、品質劣化が少ないということだけではありません。たとえ開封済みであっても、コレクターやマニアからの需要が高いからです。

ウイスキーは人気商品になるほど、徐々に生産する本数が減っていきます。その場合、年数が経過するにつれて、廃盤になる銘柄が出てくるため、入手困難になることもあります。

その結果、古くて珍しいウイスキーの1本当たりの価値が上昇し、コレクターやマニアが欲しがるということに繋がるのです。

古いウイスキーの買取相場は?種類ごとに徹底比較

古いウィスキーの買取相場

では、実際に古いウイスキーはどれぐらいの価格で買取されるのでしょうか。各ウイスキーの特徴と平均的な買取価格を表にしてまとめました。

ジャパニーズウイスキー

ジャパニーズウイスキーは日本で生産されるウイスキーのことです。銘柄は約20種ほどあり、味わいもそれぞれ異なるのが特徴です。

今回はそのなかでも人気のあるジャパニーズウイスキーの買取価格を調査しました。

国産ウィスキーの銘柄平均買取価格
約1,000~700,000円
富士山麓約1,000~20,000円
白州約2,000~400,000円
宮城峡約1,000~50,000円
軽井沢約30,000~500,000円
山崎約5,000~600,000円
竹鶴約1,000~300,000円
知多約1,000~20,000円
ニッカ34年 1998約300,000~500,000円

ジャパニーズウイスキーは銘柄によって買取価格が大きく異なります。また、各銘柄のなかでも価格差が非常に大きいです。

その理由は、年代によって価値が異なるためです。たとえば、響は最低買取価格が1,000円に対し、最高買取価格が700,000円です。700,000円以上の価値が付くのは35年ものです。

また、35年ものはラベルの種類も多く、保存状態がいいものは1,000,000円以上の高値がつく可能性があります。

アメリカンウイスキー

アメリカン・ウイスキーはアメリカで生産されているウイスキーのことです。

使われている原料によって大別されており、バーボン、ライ、ホイート、モルト、ライモルト、コーン、ブレンデッド、テネシーという種類があります。

なかでも人気のある商品の買取価格を調査しました。

アメリカンウィスキーの銘柄平均買取価格
I.W.ハーパー約1,000~10,000円
ブッカーズ約8,000~15,000円
ブラントン約1,500~8,000円
ジム・ビーム約1,000~10,000円
ジャック・ダニエル約2,000~15,000円
メーカーズ・マーク約5,000~10,000円
ワイルドターキー約1,500~15,000円

アメリカンウイスキーは平均買取価格が最大約15,000円と、比較的低めです。種類にもよりますが、低いものだと約1,000円が平均相場です。

カナディアンウイスキー

カナディアンウイスキーはカナダで製造されたウイスキーです。日本ではあまり馴染みがありませんが、世界各地で飲まれていることから買取は多くおこなわれています。

ここでは代表的なカナディアンウイスキーの買取相場を調査しました。

カナディアンウィスキーの銘柄平均買取価格
アンダーソンクラブ 15年約1,000~2,700円
アルバータ スプリングス約1,000~1,500円
クラウンローヤル・ノーザンハーベストライ約3,000~5,000円
カナディアンクラブ 30年 1000mL約1,000~5,000円

今回紹介したカナディアンウイスキーは種類まで限定しているため、年代による価格差はありません。ただ、どれも買取価格に誤差があるのは、買取をする専門店や保存状態の良し悪しによるためです。

カナディアンウィスキーを少しでも高く売るなら、まずは複数の買取店で比較するのがおすすめです。

スコッチウイスキー

スコッチウイスキーは、製造過程における一連の流れをすべてスコットランドでおこなっているウイスキーです。

スコットウイスキーは2種類に分けることができ、大麦麦芽のみを原料としたモルト・ウイスキーとトウモロコシやライ麦、小麦を原料としたグレーン・ウイスキーがあります。

銘柄によって手ごろな価格で手に入るものから希少性の高いものまで、幅広く展開されているのも特徴です。

ここでは数あるなかから特に人気のあるスコッチウイスキーの買取相場を調査しました。

スコッチウイスキーの銘柄平均買取価格
アードベッグ約2,000~160,000円
カリラ約4,000~50,000円
クラガンモア約5,000~8,000円
グレンエルギン約4,000~13,000円
グレンドロナック約2,800~14,000円
ザ・グレンリベット約2,500~14,000円
シーバス・リーガル約1,500~15,000円

スコッチウイスキーは種類によって価格差があり、買取価格で最も低いのが約1,500円で、最も高いのは約160,000円です。

アードベッグが高い理由は、生産本数が限定されていることと、深みのある味に魅了されたファンが多いことに起因しています。

また、全体的に見て付属品の有無により価格が左右されるケースが多いです。そのため、スコッチウィスキーを売る際は付属品を必ずチェックしましょう。

アイリッシュウイスキー

アイリッシュウイスキーは北アイルランドで生産されているウイスキーです。約900年もの歴史があるうえ、多くのウイスキーファンから人気があるため、買取市場でも多く取引されています。

ここでは代表的なアイリッシュウイスキーの買取価格を調査しました。

アイリッシュウイスキーの銘柄平均買取価格
ジェムソン約1,500~2,500円
カネマラ約1,000~4,000円
ターコネル約1,000~2,000円

アイリッシュウイスキーの買取価格は他の種類と比べると低めです。また、種類ごとの価格差はほとんどないので、手もとにあったらまず問い合わせや早めに査定に出すのがよいでしょう。

古いウイスキーを高価買取してもらう3つのポイント

古い本の上に乗ったウイスキーグラス

古いウイスキーは買取価格がまちまちです。少しでも高く売るために、以下の3つのポイントを意識しましょう。

  • なるべく綺麗な状態で出す
  • 付属品も一緒に査定に出す
  • 売ろうと思ったらすぐに査定に出す

それでは、ひとつずつ詳しく解説していきます。

ポイント①なるべく綺麗な状態で出す

古いウイスキーを買取に出す場合は、ボトルの見た目が綺麗かどうかをまずはチェックしましょう。

ラベルが薄汚い場合は、それだけで買い手が減るため、買取額が下がる傾向があります。

そのため、査定する前にほこりや汚れを細かくチェックし、できるだけきれいな状態にしてから査定に出すようにしましょう。

ポイント②付属品も一緒に査定に出す

付属品は、ボトルについている宝石や化粧箱、冊子などの装飾品のことです。とくにウイスキーを集めるコレクターの場合、飾ったときの見栄えを気にします。

そのため、元々装飾品が付いている場合は必ず付属品の有無をチェックしましょう。

ポイント③売ろうと思ったらすぐに査定に出す

売ろうと決意したら、なるべく早く査定に出すのがおすすめです。ウイスキーは賞味・消費期限がないので基本的に長く需要がありますが、実は時間が経つにつれて少しずつ劣化が進んでしまいます。

そのためなるべく早く査定に出すほうが、保存状態も守れ査定額も高くなる傾向があります。

古いウィスキーのおすすめ買取業者3選

では、さっそく買取査定に出そうかなと考えている方に、おすすめの買取業者を3社紹介します。

  • バイセル
  • 買取リカーズ
  • 買取プレミアム

いずれの業者も古いウィスキーの買取実績が豊富で、査定額にも定評があります。

おすすめ買取業者①バイセル

バイセルのお酒買取は、国産ウィスキーからスコッチウィスキーまで、幅広い種類の古いウィスキーが査定の対象となります。

買取実績のあるウィスキーは以下のとおりです。国産ウイスキーは年代物であれば、数百万円の超高額買取が実現しているケースもあります。

また、国産ウィスキー以外にも、スコッチ、バーボン、アイリッシュ、カナディアンなど、世界中の様々なウイスキーを買取してくれます。

買取実績のあるウィスキー一例
山崎白州
竹鶴余市宮城峡
イチローズモルト軽井沢駒ヶ岳
マッカランボウモアダルモア
スプリングバンクグレンリベットアードベッグ
グレンフィディックポートエレンバルヴェニー

箱がないウイスキーでも買取可能で、ラベルの剥がれ・汚れがついたウイスキーでも、未開封であれば査定対象となっています。

もしも不要なウイスキーがあれば、まずはバイセルの無料査定で価値を把握してみてはいかがでしょうか。

全国47都道府県で出張買取が可能なので気軽に問い合わせてみてください。

おすすめ買取業者②買取リカーズ

買取リカーズは、全国どこからでも申し込めて、手数料無料で買取してくれるお酒の買取専門店です。主に宅配買取に力を入れていますが、関東・近畿・北陸・甲信越エリアは出張買取も可能です。

ウィスキーの買取は、国産から海外産まで幅広く受け付けており、これまでに以下のウィスキーの買取実績があります。

買取実績のあるウィスキー一例
竹鶴山崎
白州余市宮城峡
イチローズモルトカフェ・グリーン知多
サントリーオールドサントリー角瓶マッカラン
バルヴェニーグレンフィデックラフロイグ
アードベッグタリスカーバランタイン
デュワーズジョニーウォーカーブラックブッシュ
ジェムソンスタンダードタラモア・デューキルベガン
パワーズI.W.ハーパーワイルドターキー
アーリータイムズメーカーズマークオールドクロウ
カナディアンクラブクラウンローヤルアルバータ

おすすめ買取業者③買取プレミアム

買取プレミアムは全国出張買取サービス、24時間無料相談を行なっているお酒の買取業者です。

1点から買取可能で、持込買取と出張買取に特化しており、査定後に即現金化ができる特徴があります。

鑑定実績が豊富なスタッフの査定を受けて、しっかり「金額と理由に納得してから売りたい」という人におすすめです。

「譲り受けたけれど飾ったまま」「古くて汚れているけど売れるの?」と思うウィスキーがあれば、まずは気軽に相談してみましょう。

ウイスキー保存の注意点!湿度・温度・匂い移りには要注意

ウィスキー保存の注意点

ウィスキーは消費期限がないため品質が悪くなりにくいです。ですが、仮に品質が悪くなっていたら買取してもらえない可能性があります。

そこで品質を少しでもよく保つために重要なのが、保存状態をよくすることです。保存状態を保つために、注意すべきポイントは以下の2つです。

  • 温度や湿度が高くなる場所での保存は避ける
  • ウイスキーへの匂い移りには気をつける

それでは詳細を詳しく解説していきます。

注意点①温度や湿度が高くなる場所での保存は避ける

ウイスキーを温度の高い場所で保存すると、風味が変化する可能性があります。ウイスキーの保存に最適な温度は約15℃です。これはワインセラーの温度と同じで、お酒の風味を損ねない適切な温度とされています。

また、湿度が高い場合はボトルを置いておくと、ボトルの外側やラベルにカビが付いてしまうことがあります。カビは繁殖能力をもつため、どんどんウイスキーの風味や味わいを損なうことにつながります。

温度や湿度に加え、ウイスキーは光にも弱いため、暗所で保存するようにしましょう。ちなみに、濃い茶色のボトルに入っているものが多いのも光を吸収しないためです。

注意点②ウイスキーへの匂い移りには気をつける

ウイスキーにはほかの食品の匂いが移りやすいという特徴があります。万が一、匂いが移ってしまうと本来の香りが損なわれてしまう恐れがあります。

ウイスキーは香りを楽しむお酒でもあるため、ほかのものと一緒に保存するのは避けましょう。とくに、冷蔵庫などでの保存は絶対にやめましょう。野菜、果物、肉、魚、加工食品などさまざまな食材が周囲にあると、それだけウイスキーに匂いが移ってしまいます。

まとめ:古いウイスキーは買取査定に出してみよう

ここまで古いウイスキーの買取相場や高価買取してもらうポイントについて紹介しました。

  • ウイスキーには消費期限がなく開封済みでも買取できる
  • ウイスキーの買取価格は銘柄や年代によって異なる
  • ウイスキーの高価買取には見た目の綺麗さ・付属品の有無・早めの買取が重要

古いウイスキーはお酒の買取市場のなかでも比較的高値がつきやすいとされているお酒です。今回紹介した高価買取のポイントを参考に、少しでも価値を高めて買取査定に出しましょう。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

カテゴリ一覧