もえたくのフィギュア買取の評判は?宅配買取の流れや口コミをご紹介! | uruka(ウルカ)

もえたくのフィギュア買取の評判は?宅配買取の流れや口コミをご紹介!

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
5942844aec1e4cef84b7e5820cb6b230

もえたくは、フィギュアやプラモデル、ドール、アニメキャラのグッズなどの買取専門店です。

「もえたくにフィギュアを売るか悩んでいる」「買取の評判や流れを知りたい」

今回はそんな疑問を解決するため、もえたくの口コミ・評判からメリットやデメリットまでをご紹介します。

もえたくの基本情報と特徴

出張買取非対応
宅配買取全国‎
店頭買取非対応
買取対象フィギュア・ドール・プラモデル・アニメキャラクターグッズなど
入金方法銀行振込(最短当日)
査定料金無料(査定料・送料・キャンセル料)
受付時間年中無休(電話受付:10:00~18:00)
  • 売れば売るほどお得なランクアップ買取
  • 愛情文でプラス査定の「愛情買取」
  • 開封済みでも減額せず定額買取

もえたくの口コミ・評判

30代・男性
30代・男性
表にあるものは高く売れる傾向
公式サイトに買取価格の記載がないフィギュアは人気がないのかそんなに高く売れた気がしませんでしたが、記載があるものは他の店舗と比べても高く売れたと思います。
30代・女性
30代・女性
サイトが使いやすかったです
売りたい物を検索してリストに追加していく感じなのがとても使いやすかったです!!最終的な査定結果も同じでしたが人気なフィギュアは10%UPの対象になっていました!
20代・男性
20代・男性
買取価格の検索機能が便利
アニメのフィギュアを10体ぐらいまとめて売りました。特に減額もなく23,000円の査定額でした。納得できたので売りましたが、キャンセルの返送が無料なので依頼がしやすかったです。

もえたくのフィギュアの買取方法【宅配買取の流れ】

もえたくでは自宅にいながらスムーズにフィギュアや萌え系グッズを宅配で売ることができます。

その宅配買取の流れを見ていきましょう。

①申し込み

まずはパソコンまたはスマホで申し込みをします。

宅配キットが必要かどうかと、氏名や住所などの個人情報を入力します。

宅配キットとはダンボール箱と緩衝材がセットになったもので、大中小とサイズがあり、20箱まで無料で申し込むことができます

10時から18時までならフリーダイヤルで、電話でも宅配買取の申し込みやお問い合わせをすることが可能です。

②梱包・発送

宅配キットを申し込んだ方はそれが届いてから、売りたいフィギュアやグッズを梱包します。その際に、本人確認書類の同封が必要となります。コピー等が面倒な場合は、マイページからアップロードすることも可能です。

後で詳しく説明する「愛情買取」のための愛情文も、梱包時までに仕上げて同封しましょう。全て揃ったら発送します。

集荷依頼は不要で、最短翌日の午前の集荷で発送できます。コンビニから着払いで送ることも可能です。

③査定・振り込み

商品到着後、最短で当日中に査定を行います。査定結果に納得できたら入金が行われます。

査定の確認と了承は電話かメールで行うことができ、査定額に納得できない場合は送料無料で返送してもらうことが可能です。

もえたくに買取を依頼するメリットとデメリット

もえたくの買取にはいくつか特徴があり、メリットを把握して依頼すれば高額な買取に繋がる魅力もあります。

ただ、商品の種類や数によっては他のお店で売ったほうが有利な場合もあります。メリットとデメリットを詳しく見てみましょう。

もえたくに買取を依頼するメリット

もえたくには、他の買取業者にはない査定システムがあり、上手く利用すれば思わぬ高額買取に繋がることもあるのがメリットです。もえたくにしかない面白いシステムもあります。

以下のシステムで上手に売ることができそうなら、もえたくを利用するメリットは存分にあります。

愛情買取とは?

もえたくでフィギュアやグッズの買取を依頼する際に、「愛情文」を添えて送ると、その愛情のレベルに応じて査定額がプラスされるシステムです。

人によっては引っ越しや金銭的事情などで、本当は手放したくないアイテムを泣く泣く手放す方もいるでしょう。大好きな推しのグッズや苦労して手に入れたレアアイテムなど。愛がないから売るというわけでもありません。

専用の愛情用紙を印刷するかインターネットフォームを使って愛情文を送ると、その文章をLv.0からLv.6、そしてLv.∞までレベル評価。

査定額プラスの一例は以下の通りです。

  • Lv.1なら50円
  • Lv.6なら1000円
  • Lv.∞なら最大10万円

これらはスタッフの独断と偏見でレベル評価されていますが、実際に送られた中でも優秀な愛情文はHPにも公開されています。

定額買取とは?

他の買取業者では開封してあると減額となることが多いですが、もえたくでは開封済みのアイテムも減額されず、定額で買取するシステムがあります。

さらに、未開封の商品なら査定額が10%アップします。観賞用にパッケージごと飾っておいたフィギュアなどは、買取の際に有利になることも。

プライズ買取保証とは?

買取を強化している作品やそのキャラクターがあり、もえたくでは対象商品となるフィギュアを200円以上で買い取ることを保証しています。

ワンピースやドラゴンボールシリーズ、銀魂などの原作シリーズで全高20cm以上のものが対象。さらに特定のキャラクターは300円以上を保証しています。

UFOキャッチャー商品やコンビニくじフィギュアは3000円以上の高額買取となることも。対象となるキャラクターや価格は変動するので、あらかじめHPで確認しておきましょう。

もえたくに買取を依頼するデメリット

もえたくは、フィギュアやグッズをまとめて売る場合にはボーナス等がついて非常にお得です。

1品からでも受付はしていますが、売るアイテムの個数が少ない場合はボーナスやキャンペーンの対象外となる可能性があり、プラスの査定にならないのがデメリットといえるでしょう。

1品だけであればネットオークションのほうが高く売れる場合もあります。手続きや梱包や発送が面倒でないなら、点数が少ないときはそちらも検討してみる価値がありそうです。

もえたくの買取で失敗しないためのポイント

もえたくならではのシステムや、プライズ買取保証で買取が強化されている商品があるので、あらかじめ調べた上で売るものを選ぶのがポイントです。

買取業者によって強化している商品は少しずつ違うので、有利になる業者を比較しておきましょう。

愛情買取は、よほど文章が苦手でなければトライする価値はあります。ただし愛情のかけらもないLv.0の愛情文と判断されると査定額が1000円マイナスとなるようですので気をつけてください。

もえたくの買取に関するQ&A

もえたくでグッズ買取の際によくある疑問点や、発送の際に知っておきたいことをQ&Aにしました。賢くスムーズに利用して、お得な買取を狙いましょう。

Q1. ぬいぐるみの買取は可能?

ぬいぐるみにも高価買取を強化している商品があります。

初音ミクやワンピース、薄桜鬼やけいおんなど、人気キャラクターのぬいぐるみは買取OK。時期にもよりますが査定額を10%アップしているものもあります。

特に保存状態がよいものは、ホームページで表示している最高額に近い価格で買取してもらえる可能性が高いです。入手が難しいバージョンの限定グッズは特に高価買取が期待できます。

ただし、同一の商品が3点以上ある場合や、付属品に欠品やキズ、汚れがある場合は減額となります。

Q2. 発送で使用する商品送付書とは?

商品送付書は、発送の際に同封する必須の書類の一つです。

宅配キットを申し込んだ方は、ダンボールや梱包材と一緒にキットの中に入っているので、下記の必要事項を記入して送り返せばOKです。

  • 買取申込ID
  • 送る箱の数
  • 氏名
  • 本人確認書類(貼り付け)

宅配キットを申し込んでいない方は、マイページの「買取状況確認」ページで商品送付書をプリントアウトする必要がありますが、プリンターがご自宅にない方は、上記の必要事項を記入した手書きの商品送付書を提出することも可能です。

買取希望で送るアイテムが2箱以上になる場合も、商品送付書は1枚で問題ありません。

印鑑は不要ですが、自筆のサインを忘れないように気をつけましょう

もえたくの買取の口コミ・評判まとめ

漫画の原作シリーズのフィギュアや萌え系キャラクターのグッズを一度に大量に売りたいなら、もえたくはかなりお得な選択肢といえるでしょう。

プライズ買取保証のグッズをチェックし、愛のこもった愛情文を添えることができたら、さらに買取価格がアップする可能性があります。

もえたくを利用して大好きだったアイテムを気持ちよく送り出してあげてくださいね。

もえたくの運営会社情報

会社名リネットジャパングループ株式会社/ReNet Japan Group,inc.
設立年月日2000年7月
住所名古屋市中村区平池町四丁目60番12 グローバルゲート26階
電話番号0120-39-0202
事業内容小型家電リサイクル事業、インターネット・リユース事業など
古物商番号愛知県公安委員会許可 541050100100号
公式サイトhttps://corp.renet.jp/
  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

カテゴリ一覧