大島紬の買取相場まとめ!10万円以上で売れることもある? | uruka(ウルカ)

大島紬の買取相場まとめ!10万円以上で売れることもある?

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
p.gifx?idx=0.31772.251239.1195

大島紬といえば大多数が高級着物だと思うほど有名な着物です。中には売値が10万円を超える大島紬も存在します。

しかし、ネットでは大島紬でも数百円にしかならなかったという情報も数多くでています。このように全ての大島紬が高値で売れるわけではありません。大島紬にも種類があり、手織りなのか機械織りなのか、染色は何を使用しているのかで価格は大きく変動します。

また、買い取ってくれる店も着物専門業者でないと本当の価値が分からず低い値が出されるという可能性もあります。今回は大島紬が高く売れるようにオススメ業者の紹介と、どの大島紬がどれくらいの買取相場なのか紹介していきます。

大島紬が高く買い取りしてくれる理由

大島紬が高く買い取られる理由として、手間暇がかかっていることがあげられます。ほとんどの作業が手作業でされており、工程数も30項目と手の込んだ作りの着物になります。

また一括りに大島紬と言っても糸に色を入れやすくするために、泥に何回も浸して作った泥大島紬や、高い技術を使って藍染をした正藍大島紬など染める工程によって大島紬の種類が変わってきます。

上記で説明したような染色方法の大島紬だと手間暇がかかっているので保存状態が良ければ高値で買い取ってくれる可能性があります。

大島紬の価格変化のポイント

大島紬の価格変化のポイントとして保存状態が良いか、どのような工程で作られているか、証紙の有無、着物の大きさなどがあげられます。

着物専門買取業者だとどのような工程で作られたものなのか見てくれますので正当な価値を付けてくれます。

証紙の有無は関係ないという業者もいますが、あることに越したことはないのでもし証紙も保存できている状態であれば一緒に売りに出しましょう。

また、大島紬に限らず着物全般は着物になっている状態より、反物の方が高く買い取ってくれる傾向があります。

着物になっている状態だと購入した人の寸法で仕立てられているので中古扱いになり価格が下がってしまいます。

ですので反物の大島紬の場合は無理に着物にせずにそのまま査定に出すことをオススメします。

機械織りか手織りかの違い

大島紬の価格が変動するポイントとして機械織りの物か手織りの物かがあげられます。見分け方としては証紙の有無になります。

購入時に証紙がついていない大島紬の場合、韓国産のものや機械によって織られた物などの可能性が考えられます。

最初のころは奄美大島で作られていた紬を総称して大島紬と呼ばれていましたが、技術が伝わり東京や宮崎、韓国などの外国でも大島紬と同じ手法で作られる紬が多く出てきました。

そのため大島紬の手法で作られたものを大島紬と名付けている人もいるようです。

しかし、どこでも大島紬として売られてしまうとブランド力が低下してしまうので、正当な手織りで手間暇かけて作った本場大島紬には証紙が付けられており、他の大島紬と差別化を図りました。

証紙の有無

上記でも説明したように、手間暇かけてつくられた大島紬は特別な証紙をつけています。本場大島紬協同組合発行と右下に書かれてあれば、それが証紙になります。

大島紬の染め方によって証紙の枠の色も少し違っているようです。本場大島紬の物であれば枠色がブルーです。縞大島の物であれば枠色がオレンジになります。

過去には証紙を偽造して本場大島紬や結城紬などと偽って売買していた時期もあったようなので、証紙がある場合は専門業者で一度査定してもらうのが確実です。

着物の大きさ

高値で買取している大島紬だったとしても着物の丈が短ければ、減額される可能性が高くなります。現代人は昔の人と比べると背丈が高くなったので、昔の人の寸法では丈が短い傾向があります。

丈が短いと着物として使用できないので、買い手が付きづらくなってしまいます。そのため自然と減額してしまうということも考えられます。

この大きさは着物だけでなく、反物でも同じことが言えます。背丈が大きくなった現代人に合うように着物も反物も大きいほうが高値がつきやすいです。

天然染料を使用しているか

大島紬には様々な染め方が存在しています。証紙がついているものは天然染料で染められているものがほとんどです。

しかし中には科学染料で染めているだけの物も存在しており、大島紬として売られていることも多くあります。

古代染色純泥染と言われている方法で染められている物だと普通の証紙にプラスで染め証紙というものが貼られています。

染め証紙が貼られている場合は泥染めの厳しい基準をクリアしているという証明になりますので、買取価格がアップする可能性があります。

逆にいうと化学染料を使われている大島紬だと価格アップは起こらず、他の要因もありますが、価格が下がってしまう傾向にあります。

汚れ、保存状態

大島紬に限らず、着物は汚れや虫食いが見つかれば買取価格は大幅に下がってしまいます。また高価な正絹で仕立てられた着物は虫食いやカビが生えやすく手入れが重要になります。

手入れがされていないとカビなどの汚れが目立ってしまい、大島紬でも処分品になってしまう可能性があります。

大島紬の買取相場はいくら?

大島紬の価格相場はピンキリで安い物だと数百円から値が付かない物まであります。逆に本物の証紙で保存状態も良いものだったら10万円以上もする場合があります。

大島紬は大きく分けて2種類あり、大島紬と言われているものと本場大島紬と言われているものになります。

本場大島紬は奄美大島や鹿児島、宮崎県都城市の3箇所で作られているものになります。それ以外の土地で作られているものが大島紬になります。

大島紬のものだと手法だけは大島紬と同じで機械織りや外国産の物などが多く存在しており、価格変動が激しいものになります。

本場大島紬は伝統工芸品と指定されているので高値がつく可能性が大島紬より高いです。

大島紬の場合

大島紬と言われているものは奄美大島や鹿児島で作られたものではなく、外国で作られたものや他の土地で大島紬の手法で作られた着物に付けられることが多いです。

手織りで織られているものも多く存在しますので、染色方法も染色が使われていないのであれば3万円ほどの買取額がつくこともあります。

ただ、大半は機械織りをしている物なので、5000円程度の額をつけられることが多いようです。ここから染色方法も化学染色料であればさらに価格が下がります。中には500円ほどの買取額が出たこともあるようです。

本場大島紬の場合

本場大島紬の場合は、伝統工芸品に認定されている物が本場大島紬と言われているので高値が付く可能性が高いです。

保存状態が良くて大きいものであれば低く見積もっても4万円ほどの価格がつくことが多いそうです。

着物の大きさやデザイン、保存状態が良ければ数十万の買取額が出ることもあります。

また、染色方法などで多少前後することもあるようですが、化学染料や機械織りがされていることはないので、大きく減額されることは少ないようです。

ただ、保存状態が悪ければ減額は免れないので虫食いや汚れが無いかだけの注意は必要です。

大島紬の買取なら着物買取専門店がベスト

着物は価値が分かりづらく、専門の買取業者でないと低い値段で買い取られてしまうことが多いようです。

リサイクルショップなどで売ってしまうと古着の1つに数えられてしまい、数十円にしかならないこともあるようです。

大島紬で、状態も綺麗なのであれば高額買取の可能性も十分考えられるのでできるだけ専門業者に買い取ってもらうようにしましょう。下記にオススメの着物買取選業者を紹介します。

バイセル

バイセルは顧客満足度が非常に高い着物買取業者になります。店頭買取や出張買取はもちろん、宅配買取も受け付けていますので、査定に出しやすい業者になります。1か月に2万件以上の方と取引を成立させており、口コミの評価も高いです。

出張買取が終わった後に後日担当の人から買取時のスタッフで困ったことや安い金額を提示されなかったかなどのアフターケアも充実しています。

また、買取時に納得行かない所や質問などにも分かりやすく丁寧に答えてくれるスタッフが多いのでサービス満足度も高い業者です。

買取プレミアム

買取プレミアムは24時間受付対応をしてくれる業者になります。また、無料電話相談もしているので、売れるか分からない着物類を相談したいときに便利な業者です。

また、女性査定員も在籍しており、女性の方で出張買取に不安を感じる方も安心して査定してもらえるようになっています。

買取プレミアムも買取終了後に本社から不正な額での買取がなかったかなどの電話が入るようになっているので、不当な額で取引がされていないかの確認やお客様の疑問や不安な声も届きやすくなっています。

ザ・ゴールド

ザ・ゴールドは実店舗が多数あり、店頭買取がしやすい業者になります。またインターネットからの申し込みだと24時間受付しています。申し込みした時間にもよりますが、早ければ受付当日には出張買取をしにきてくれることもあるので、早く売りたい人におすすめです。

また、出張買取時は金額に納得がいかずキャンセルすることになったとしてもキャンセル料や査定料、出張料はかからないので、気軽に査定してもらうことができます。

ただ、宅配買取の場合はキャンセル時に送料が着払いになったり、査定に1週間ほどかかったりする場合もあるようです。そのため、出張買取や店頭買取を得意としている業者といえます。

福ちゃん

福ちゃんは買取アップキャンペーンを行うこともあり、高額買取がしやすい業者になります。

また、古い着物や汚れてしまった着物も福ちゃんの方でクリーニングやシミ抜きをしてくれるので、他店で買取を断られてしまった品物も買い取ってくれる可能性があります。

着なくなってタンスの肥やしになっていたものや30年前の着物まで買い取り実績があるようなので、古い着物がたくさんある場合はおすすめの業者になります。

ヤマトク

ヤマトクは宅配買取のみを取り扱っている着物買取業者になります。宅配買取のみを取り扱っているので、申し込めば梱包キット等を送ってくれます。

梱包キットを申し込めば身分証明書のコピーだけを準備すればいいので楽に買い取ってもらうことができます。

できるだけ宅配買取で済ませたい人はおすすめの業者です。

コメ兵


 

コメ兵も宅配買取専門の買取業者になります。コメ兵はLINE査定というシステムがあり、コメ兵を友達登録して売りたい品物の写真を送るだけで査定してくれるサービスがあります。

買取価格の比較をしている場合やとりあえずどれくらいの値段になるか知りたいという目的にぴったりのサービスです。

また、コメ兵は着物や着物道具だけでなく、ブランドバッグや洋服、カメラやギター、時計など、買取商品の種類も多くあるので、着物以外にも売りたい物がある場合おすすめの業者になります。

まとめ

・大島紬はネームバリューがあるので、手法だけ同じで輸入した物や機械織りをしているものがあり、本来の価値のある大島紬ではないものもある。

・大島紬の場合、機械織りや化学染料のものも含まれているので値段がつかないものから3万円ほどの価格相場になる。

・バイセル、買取プレミアム、ザ・ゴールド、福ちゃんは出張買取におすすめ

・ヤマトク、コメ兵、久屋は着物の宅配買取におすすめ

大島紬といっても作成された場所や作成工程などによって価格が大きく変わります。証紙があり本場大島紬であれば高額な値がつく可能性が高いです。

また、着物の買取はリサイクルショップだと価値が分からず数百円の値がつけられることも多いようなので、できるだけ高い価格で売りたい場合は着物買取業者に依頼しましょう。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

カテゴリ一覧