古銭のおすすめ買取店5選!買取相場や高価買取のコツも紹介 | uruka(ウルカ)

古銭のおすすめ買取店5選!買取相場や高価買取のコツも紹介

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
古銭のおすすめ買取店5選!買取相場や高価買取のコツも紹介

古銭の買取依頼を検討しているけど「どうやって業者を選べばいいかわからない」「相場はどのくらい?」など気になる点も多いはず。

そこでこの記事では、古銭のおすすめ買取店から、古銭の種類ごとの買取相場、高価買取のコツまでまとめて解説しています。

これを読めば、お手持ちの古銭をより高く買い取ってもらえる専門店が見つかりますよ。

古銭のおすすめ買取店5選!持ち込みOKの店舗も紹介

古銭の買取イメージ2

まずは、厳選した古銭のおすすめ買取店を5つ紹介します。

  • バイセル
  • 買取プレミアム
  • 福ちゃん
  • 有馬堂
  • 大黒屋

どの業者も、出張買取にかかる費用は無料です。

バイセル

  • 無料の出張買取は最短即日で対応
  • 汚れている古銭でも買取が可能
  • 問い合わせ数は月間20,000件以上
買取方法出張・店頭
出張買取エリア全国47都道府県
査定料・キャンセル料無料
入金スピードその場で支払い

バイセルは、古銭、紙幣、記念硬貨、海外金貨など、幅広く取り扱いができるため、古銭などのコレクションを仕訳せずそのまま査定してもらうことできます。

キズや汚れが原因で他社では値段が付かなかった品物でも、買取してくれる可能性があるので、処分してしまう前に相談してみるのがおすすめです。

バイセルの出張買取はすべての費用が無料で利用できます。24時間いつでも通話料無料の電話相談ができるので、古銭をどこに売ろうか悩んでいた人は気軽に問い合わせてみてください。

買取プレミアム

  • 価値不明な大量の古銭でも査定可能
  • 女性の査定員の指名ができる
  • 24時間365日問い合わせに対応
買取方法出張・店頭
出張買取エリア全国47都道府県
査定料・キャンセル料無料
入金スピードその場で支払い

買取プレミアムは、高水準の買取価格と丁寧な対応が特徴の買取業者です。 

折り目がついたり、破れている古紙幣の査定も可能で、大量の古銭でも一枚一枚丁寧に査定してくれるため、利用者から高い信頼を得ています。アフターフォローもしっかりしているため、始めて利用する方にとっても安心できます。

出張買取は電話一本で自宅に訪問してくれるため、面倒な手続きは一切ありません。また、出張買取では女性の査定員を指名することが可能なので、「男性の査定員だと家に入れるのに抵抗がある」という女性の方も利用しやすい業者になっています。

福ちゃん

  • 買取の実績は累計200万点以上
  • 古銭1点から査定の依頼が可能
  • 記念硬貨、大判・小判を強化買取
買取方法出張・店頭
出張買取エリア全国47都道府県
査定料・キャンセル料無料
入金スピードその場で支払い

福ちゃんは、独自のグローバル流通ネットを通じて業界トップクラスの古銭の買取価格を実現させている買取業者です。 専門業者であるためスタッフが持つ専門知識も豊富であり、お客様ファーストを徹底していることから対応もとても丁寧です。

200万点以上の買取実績があるので、汚れている古銭でも希少性が高いものであれば、高額査定となる可能性が十分にあります。 売りたい物が1点であっても査定をしてくれるので、気になる物がある方は、気軽に依頼してみましょう。

有馬堂

  • Webで買取価格が確認可能
  • 無料のオンライン査定ができる
  • 取り扱いジャンルが多数
買取方法出張・店頭・宅配
出張買取エリア全国47都道府県
査定料・キャンセル料無料
入金スピードその場で支払い

有馬堂は、骨董品や掛け軸、日本刀や絵画、フィギュアや古いおもちゃなど、どんなものでも買い取ってくれる買取業者です。 無料オンライン査定は、買取を希望する写真を撮り、必要な情報を記載して送信するだけである程度の価格を提示してくれるとても便利なサービスです。

また、Web上で買取価格を公開しているため、自分が依頼する品物の価格を知る基準にもなります。 記載されていない品物に関しては、電話やメールでの問い合わせも可能なため、気軽に相談できるのも大きな特徴です。

記念メダルや記念コイン、ゾロ目紙幣やミスプリント紙幣などの、レア品も多数買取中です。

大黒屋

  • 店舗数230店以上の買取専門店
  • 質入れをすることも可能
  • 買取出来る古銭の種類が豊富
買取方法出張・店頭
出張買取エリア東京・埼玉・千葉・神奈川
査定料・キャンセル料無料
入金スピードその場で支払い

大黒屋は、質屋と買取の二つの顔を持つ買取業者です。 全国に230店舗以上あり、買取ではなく質に入れすることも可能なのが大黒屋の特徴の一つです。

近代貨幣、大判・小判、古金銀、丁銀・豆板銀、地方貨は高価買取の対象品ですが、穴銭やアルミ銭、スズ銭や現行紙幣と言ったものは買取ができません。

また、買取金額の支払いは、鑑定に2~3日ほど要するため再度来店する必要があります。 日本貨幣商共同組合の鑑定書があれば、より高い査定金額となるため、持っている場合は、品物と一緒に忘れずに持参するようにしましょう。

古銭の買取価格・相場一覧|100万円以上の買取事例も

古銭の買取

ここからは7つの種類に分けて、古銭の買取価格・相場、買取事例を解説していきます。

古銭の種類
外国硬貨(コイン)大判・小判古紙幣・旧紙幣
金貨・銀貨古金銀穴銭
記念硬貨(コイン)

記念硬貨(コイン)の買取価格・相場

記念硬貨は、世界的な行事や天皇即位などを記念して作られる限定の硬貨です。 発行される枚数も限られているため、生産される数が多ければ価値はそれほど上がりません。

逆に生産される数が少ないほど価値が上がります。 価値を上げるには、未開封未使用であること、付属品はすべてつけること、そして、コインブームを狙うことです。

記念硬貨(コイン)買取価格相場
天皇陛下御在位60年記念硬貨100,000円~500,000円
新幹線鉄道開業50周年記念貨幣10,000円~50,000円
裁判所制度100周年記念硬貨1,000円~10,000円
沖縄復帰20周年記念硬貨800円~1,000円
長野オリンピック記念硬貨500円~40,000円
第12回アジア競技大会記念硬貨500円~1,000円
大阪万博記念硬貨1円~500円

※箱/ケースに入って保存状態がよく、鑑定書などもすべて揃った状態での買取価格です

外国硬貨(コイン)の買取価格・相場

外国硬貨は、歴史的価値のあるものが多く、国柄を表すデザインで、世界中のコレクターから人気を集めています。 相場は時代や国、硬貨の種類によって大きく異なります。

また、国際市場のため、価格変動も激しいです。 高く売りたい場合は、2つ以上の買取店に見積もりを出してもらうようにしましょう。

外国硬貨(コイン)買取価格相場
ゴチック・クラウン600,000円~2,000,000円
ナポレオン撃退100年記念ルーブル銀貨400,000円~1,2000,000円
北朝鮮独立40年記念金貨4点セット164,000円~283,000円
メキシコ50ペソ金貨183,000円〜193,000円
オーストリアハーモニー金貨1oz82,000円~155,000円
ツバルホース金貨1/2oz76,000円〜78,000円
イーグル銀貨1oz1ドル2,000円〜4,400円

※箱/ケースに入って保存状態がよく、鑑定書などもすべて揃った状態での買取価格です

金貨・銀貨の買取価格・相場

金貨は、資産としての価値が安定しているという特徴があります。 中でも投資価値が高く人気がある金貨は、世界中のコイン投資家の間で、金本来の価格以上で取引がされています。

銀貨の価値は様々ですが、デザインや希少性、状態などによっては、銀の価値以上の価格が付くことも珍しくありません。 純銀はとても柔らかく、傷もつきやすいため、保存状態が良いほど高く売れます。

金貨・銀貨買取価格相場
昭和6年新20円金貨3,750,000~5,200,00円
昭和5年新5円金貨45,000円~3,000,000円
天皇陛下御即位記念10万円金貨147,000円~152,000円
皇太子殿下御5万円金貨88,000円~91,000円
岩手県地方自治60年1,000円銀貨8,000円~20,000円
日本国際博覧会記念1,000円銀貨3,800円〜6,000円
東京オリンピック記念 100円銀貨120円〜600円

※箱/ケースに入って保存状態がよく、鑑定書などもすべて揃った状態での買取価格です

大判・小判の買取価格・相場

大判は、16世紀以降に日本で作られた金貨の一種です。 現存する数が少ないため、保存状態が良いものほど高値で取引されており、1,000万円以上の値がつくことも珍しくありません。

小判は、天正時代から江戸時代にかけて、日本国内で使われていた貨幣の一種です。 大判よりも流通量が多いため、種類によって価格も大きく異なります。

大判・小判買取価格相場
天正菱大判1,000,000円〜100,000,000
慶長大判25,000,000円~45,000,000円
天保大判5,000,000円~10,000,000円
天正長大判1,000,000円〜90,000,000円
享保小判350,000円〜450,000円
文政小判80,000円〜140,000円
万延小判50,000円〜70,000円

※箱/ケースに入って保存状態がよく、鑑定書などもすべて揃った状態での買取価格です

穴銭の買取価格・相場

穴銭は、和同開珎から江戸時代まで鋳造された古銭の一種です。 基本的に四角い穴がほとんどで膨大な種類があり、価値や買取相場も大幅に異なります。

査定のポイントは、書かれている字がはっきりと読めるかどうかです。

穴銭買取価格相場
元和通宝100,000円〜500,000円
慶長通宝10,000円〜50,000円
琉球通宝10,000円〜30,000円
萬年通宝10,000円〜20,000円
長崎貿易銭1,000円〜10,000円
長楽通宝500円〜1,000円
太平通宝1円〜500円

※箱/ケースに入って保存状態がよく、鑑定書などもすべて揃った状態での買取価格です

古金銀の買取価格・相場

古金銀は、江戸時代中期から明治時代にかけて流通していた古銭です。 現存数や保存状態によって査定額は変動する場合があります。

また、江戸時代当時に広く流通しているため、現存数が多い種類であれば、査定に出してもあまり高額は期待できませんが、希少性が評価されれば100万円以上になることもあります。

古金銀買取価格相場
正得一分判金400,000円〜600,000円
安政一分判金200,000円〜300,000円
万延一分判金100,000円〜200,000円
元禄一分判金70,000円〜200,000円
慶長一分判金50,000円〜150,000円
享保一分判金40,000円〜70,000円
元文一分判金20,000円〜40,000円

※箱/ケースに入って保存状態がよく、鑑定書などもすべて揃った状態での買取価格です

古紙幣・旧紙幣の買取価格・相場

旧紙幣は、明治時代以降に流通し今では発行が停止された紙幣のことを言います。 見覚えのない旧紙幣であっても現在でも利用できる有効な紙幣があることから、価値が額面以上になることはほとんどありません。

ですが、エラーやミスプリント、ゾロ目や連番と言った珍しものであれば価値が上がります。

古紙幣/旧紙幣買取価格相場
1885年発行旧1円札40,000円〜300,000円
1951年発行50円札B号券500円〜8,000円
1889年発行改造1円札300円〜7,000円
1953年発行100円札B号券3,000円〜5,000円
1943年発行1円札い号券1,000円〜3,000円
1946年発行5円札A号券0円〜500円
1946年発行10円札A号券200円〜300円

※箱/ケースに入って保存状態がよく、鑑定書などもすべて揃った状態での買取価格です

骨董品の買取については以下の記事でも解説しています。

古銭買取の注意点・豆知識|買取できない古銭もある

古銭の買取

古銭を買取に出す前に、次の項目をチェックしておきましょう。

  • 買取できない古銭の種類
  • そのままの状態で査定に出す
  • 記念金貨・記念銀貨は高価買取が期待できる
  • エラーコイン・ゾロ目など希少価値の高い古銭も高く売れる
  • 金貨・銀貨の売値は貴金属の買取相場に影響する

買取できない古銭の種類

古銭は以下の条件・状態の場合に買取が難しくなります。事前に確認しておきましょう。

  • 表面がすり減り過ぎた古銭
  • サビや傷など汚れが酷い古銭
  • レプリカ品の古銭
  • 偽物の古銭
  • 現行貨幣

その古銭が本物か否かは、専門の鑑定士でないと判断できません。 お店に査定をお願いした結果、偽物で買取不可になる場合もあるので、あらかじめ留意しておきましょう。

そのままの状態で査定に出す

買取できない古銭に「汚れが酷い古銭」がありました。 そこで、汚れを綺麗にしたくなってしまう人がいますが、古銭の汚れは自己判断で綺麗にしないのがポイントです。

下手に手入れをすると、価値を下げてしまうこともあるので、そのままの状態で査定してもらいましょう。

記念金貨・記念銀貨は高価買取が期待できる

発行枚数が限定されている記念金貨・記念銀貨は、古銭市場で高い人気があります。 そのため額面以上での買取金額が期待できます。

また、記念金貨・記念銀貨が、配布時の箱や証明書と一緒に綺麗に保存されていれば、さらに買取金額アップも見込めます。

エラーコイン・ゾロ目など希少価値の高い古銭も高く売れる

エラーコインとは「製造過程のミスで正しく発行されなかったが、そのまま流通してしまった硬貨」のこと。 たとえば、以下のようなものがあります。

  • 穴がふさがっている
  • 表裏が一緒(影打ち)
  • 刻印や穴がずれている
  • 裏表のデザインが透けている(裏写り)
  • 表面のめくれ、真円ではない(ヘゲエラー)

これらの古銭は希少性の高いので、額面以上の買取金額になることが多いです。 また、紙幣に印刷されているアルファベットと6つの数字のことを「記番号(きばんごう)」と言いますが、これがキリよく揃っていたりすると、額面以上の買値になることもあります。

  • ゾロ目:111111〜999999(とくに777777が人気)
  • サンドイッチ:A122221A
  • 連番:123456
  • キリ番:100000、200000

金貨・銀貨の売値は貴金属の買取相場に影響する

金貨・銀貨・プラチナなどを含む古銭は、その古銭の額面・希少性の高さ・保存状態の良さ以外にも、売るときの貴金属の買取相場にも影響されます。 そのため、貴金属の買取相場が高額なタイミングが金貨・銀貨の売りどきと言えます。

たとえば金であれば、金取引を行う会社が公開している「金価格の推移表」を参考にして、高値のタイミングで見計らって買取依頼をしてみると、より高く売ることができるでしょう。

古銭を高く売るコツ!付属品をなるべく揃えよう

古銭の買取

古銭を少しでも高く売るためには、箱・ケース、鑑定書・証明書などの付属品を揃えておくと査定額がプラスになります。 たとえば、記念硬貨や古銭には鑑定書が付属していることがあるので、一緒に査定してもらいましょう。

また、古銭を直接綺麗にしようとするのは、返って価値が下がる可能性があるのでダメですが、外装のホコリや汚れくらいは綺麗にしておきましょう。 印象が良くなり買取価格アップに繋がることもあります。

古銭の買取方法|店頭買取と出張買取を比較

古銭の買取

古銭の買取には、店頭・出張買取の2つの買取方法があります。 それぞれの買取方法の特徴と、利用におすすめな人は以下の表のとおりです。

買取方法特徴おすすめな人
店頭買取・好きなタイミングで行ける
・古銭を持ち運ぶ必要がある
・来店する必要がある
・初めて買取を依頼する人
・すぐに現金を受け取りたい人
・納得したうえで依頼したい人
出張買取・直接来店する手間が省ける
・複数の業者で比較がしやすい
・キャンセル料も無料で利用できる
・荷物を運ぶ手間を省きたい人
・外出するのが面倒な人
・まとめて依頼したい人

古銭の買取は、自宅まで専門スタッフが査定をしに来てくれる「出張買取」を利用するのが最も賢い選択肢です。

古銭はそのままで状態で鑑定してもらうのが望ましいため、店頭買取や宅配買取のように運搬のリスクがある買取方法は、できるだけ避けましょう。

また、以下の悩みがある方にとって出張買取はうってつけの方法です。 「遠方でお店まで持っていくのが大変」 「数量が多くて持ち運びや荷詰めが大変」 「鑑定士の査定を直接聞きたい」など。さらに、出張買取を行っている古銭買取業者は、出張料・査定料を無料で対応しているので、気軽に利用してみましょう。

古銭買取の流れ|まずは気軽に問い合わせ

古銭の買取

古銭買取の基本的な流れは以下のとおりです。

流れ詳細
①問い合わせ・メール、電話、LINE@から相談
・業者によっては事前査定が可能
②買取依頼・キャンペーン情報の有無を確認
・店頭買取、出張買取から依頼
③査定・古銭を専門のスタッフが査定
・最短で即日に査定結果の連絡
④結果の確認・査定額に納得できれば成立
・納得できない場合はキャンセル
※キャンセル料の有無は事前に確認
⑤現金の受取・査定金額を現金化して買取完了
・出張買取は即日現金で受け取り

まとめ|古銭を買取に出そう

古銭は、保存状態、時代や国、生産枚数によって価値が変わってきます。

また、買取業者によっても価格に差が生じてしまうため、2つ以上の業者の見積もりを比べてみるのも高価格で売る秘訣です。 今回紹介したポイントを踏まえて、より高価格で査定してもらいましょう。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリ一覧