iPhoneを売る前にやることは?失敗しないための6つの準備!

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
iPhoneを売る前にやるべき6つの準備

次々と新しいバージョンが出てくるiPhone。壊れない限り長く使いたいという人もいれば、どんどん新しいものに変えていきたいという人もいますよね。もう使わないiPhoneがあるけれど、とりあえずお家に置いてあるという人も少なくないかもしれません。

そういったiPhoneをいざ買取に出そうというときに、いくつか知っておいてほしいことがあります。この記事では使っていたiPhoneを売る前にしておくべき作業をご紹介します。個人情報の流出を防いだり、買取金額をアップしてもらえたりするチェック項目もありますので、ひとつひとつ確認してみてください。

iPhoneを売る前にすることは?

新しい機種へ買い換える際の下取りに出すとき、使わなくなったiPhoneを売りたいときに、事前に行うべき作業がいくつかあります。

どれも必ず難しいものではないのですが、確認不足があった場合は買い取りってもらえなかったり、個人情報が流出してしまったりと危険がともないますので、ひとつひとつしっかりとチェックしていきましょう。

ここからiPhoneを手離す前に必要な作業を順番に紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

データのバックアップを取る

iPhoneには個人情報や手放した後にも必要なデータがたくさん入っているので、データのバックアップを取っておきましょう。

iPhoneのデータのバックアップ方法は2つあリます。1つはiCloudでバックアップを取る方法です。この方法はiPhoneだけでできる方法なので、比較的手軽にできます。

もう1つはiTuneでバックアップを取る方法です。こちらはPCにiPhoneを繋げてバックアップを取る方法です。

iPhoneの詳しいバックアップ方法は別記事で紹介しているので、そちらをご覧ください。

「iPhoneを探す」をオフにする

iPhoneを売る前に必ずしておくべきことは「iPhoneを探す」をオフにしてアクティベーションできるようにしておくという作業です。

簡単にいうと、iPhoneの初期設定をするときに、以前のappleIDやパスワードを入力しなくても払えにすることです。アクティベーションとは、iPhoneを利用開始できるように設定すること。

「iPhoneを探す」をオフにする手順

1、「設定」のアプリを起動する

2、「ICloud」(雲マーク)をタップ

3、下の方にある「iPhoneを探す」をタップ

4、「iPhoneを探す」をオフにする。

5、appleIDのパスワード入力を求められるので入力する。

「iPhoneを探す」の横が緑色だとオンの状態になっています。色がつかないオフの状態にしましょう。

この操作をせずに売ってしまうと、購入した人が初期設定を行う時に以前の持ち主、つまりあなたのappleIDやパスワードを入力しないと使えなくなってしまいます。

使用できないiPhoneを販売すると買取店も信用を失ってしまうので、販売前にアクティベーションされているかを必ず確認します。価格査定の際、アクティベーションがされていないとジャンク品として扱われるため買取価格が下がってしまいます。

また、買い取ってほしいiPhoneを宅配便などで送った場合、着払いでiPhoneが送り返されることもあるようで、手間と費用が余計にかかってしまいます。

iPhoneを手放すことになったときには、まずアクティベーションを忘れずに行いましょう。

iCloudもサインアウトしておく

続けてiCloudもサインアウトしてデータを消しておきます。iCloudにサインインしたまま売ってしまうと、次の持ち主があなたのiCloud上のデータを自由に閲覧できるようになってしまいます。この状態だと個人情報の流出と悪用の可能性が非常に高くなるため、必ず以下の作業をおこないましょう。

iCloudのサインアウトの手順

1、「iPhoneを探す」のページの左上に「iCloud」と青文字で書かれているのでタップ

2、1番下までスクロールすると「サインアウト」があるのでタップ

3、「iPhoneから削除」をタップ

4、アカウントを削除した後、iPhoneにあるiCloud Safariデータと連絡先をどうしますか?   と聞かれるので「iPhoneから削除」をタップ

5、Icloudの項目に自分のappleIDが表示されていないか確認する。

appleIDが表示されていなければ無事にログアウトできたことになります。

iPhoneの初期化を行う

最後にiPhoneの初期化を行います。初期化を行うことで写真が消去されたり、設定が初期のものに戻ったりします。

iPhone初期化の手順

1、上にスクロールして「一般」をタップ。この時にホーム画面に戻ってしまった人はもう   1度「設定」アプリを起動させてください。その中に「一般」があります。

2、1番下までスクロールすると「リセット」があるのでタップ

3、「全てのコンテンツと設定を消去」をタップ

4、パスコードを入力して「iPhoneを消去」をタップ

5、再確認の表示が出るので、「iPhoneを消去」をもう1度タップ

appleマークが出てくれば初期化が開始されています。初期化が終わると初期設定の「Hello」が出てきます。「Hello」が出て来たら初期化は終了です。

apple Watchも使用していた人はペアリングも解除しておきましょう。

iPhoneを手放す前の最終確認

iPhoneを買取に出す前の最終確認として、SIMカードを抜いているか、ネットワーク利用制限はかかっていないか、この2点を必ずチェックしましょう。

先ほどまではiPhone画面上の操作の話でしたが、そのほかにも確認すべきことがいくつかあります。

個人情報の流出を防ぐのはもちろんですが、今からお話しするネットワーク制限は買取の可否に関わってくる重要なポイントです。

SIMカードを抜き取っているか

iPhoneの側面にあるSIMカードは抜いておきましょう。SIMカードの中にはあなたの電話番号や契約内容等の個人情報が入っています。

個人情報を第三者に渡すことになりますし、SIMカードがナイト新しいスマートフォンで電話などの通信利用ができなくなってしまいます。

方法ですが、iPhoneの箱の中にはSIMカードを取り出すための専用のピンが入っていますので、そのピンをiPhoneの側面にある小さな穴に差し込みます。電源ボタンの下あたりにありますので、注意深く見てみましょう。

専用のピンを失くしてしまった場合は、安全ピンや画鋲などでも代用できます。

穴に差し込むとカチッという音と一緒にSIMトレーが出てくるので、指で引っ張り出してSIMカードを取り出しましょう。

取り出したらSIMトレーだけ元に戻して完了です。

ネットワーク利用制限の状態を確認しておく

ネットワーク利用制限の確認とはつまりiPhoneの機種代金が払い終えているかということです。

機種代金が払い終わっているかどうかは契約しているキャリア(au、docomo、ソフトバンク等)のウェブサイトで確認することができます。

また、確認する為にIMEIという製造番号が必要になります。製造番号は本体に書かれていますが、iPhoneの種類によって記載場所が2つに分かれています。

本体背面の下あたりに書かれている場合と、SIMトレーに記載されている場合とがあるのであらかじめ確認しておきましょう。

またiPhoneを初期化していない状態なのであれば、「設定」アプリの「一般」をタップして「情報」をタップすると確認することもできます。

そして、自分が契約しているキャリアのウェブサイトにアクセスし、ネットワーク利用制限が「○」になっていれば確認は完了です。

「○」ではなく、「△」や「×」であれば、まだ支払い途中または滞納状態でネットワーク環境が自由に使える状態ではないことをあらわしています。

「△」「×」であれば買い取ってもらえない可能性が非常に高いので、必ず機種代金を完済してから売るようにしましょう。

またメルカリ等のフリマアプリでもネットワーク利用制限について聞かれるので、事前に調べておいてすぐ答えられるようにしておきましょう。

iPhoneをより高値で売るためには?

iPhoneをより高く売るために気をつけておきたいこととして、できるだけ付属品は揃えて出すということと、汚れている箇所をしっかり清掃することが挙げられます。

付属品を揃えるだけで買取金額を数千円も上げてくれるといったこともあるため、付属イヤホンや充電コードなどの有無を確認し、まだ手元にある場合はまとめておきましょう。

また、iPhoneの汚れを拭き取っておくだけでも買取価格が下がりにくくなるので、指紋やホコリなどは拭き取っておきましょう。

付属品をそろえる

iPhoneを購入した時に付属されている、イヤホン、コンセントプラグ、充電ケーブルは揃えると高価格で買取される可能性が高くなりますので、できるだけセットで出しましょう。

外箱がなくても買取金額に影響がないという業者もあるので、いろいろな業者をチェックしてみてください。

クリーニングしておく

傷はどうしようもないのですが、指紋や皮脂汚れなどはクリーニングして落としておくだけで、買取価格が良くなることも。

キズや欠けはどうしようもありませんが、汚れはメガネ拭きクリーナーで拭くだけでも落ちますので拭いておきましょう。

また、スピーカーや部分やライトニング端子部分にもホコリがついていることがありますので、そういった見落としやすい箇所もしっかりと確認してください。自分で落とせそうな汚れであれば慎重に拭き取るなどして、きれいに見えるようにしておきましょう。

特にライトニング端子部分は金具部分がむき出しのため壊れやすい箇所です。無理に汚れを落とそうとすると故障の原因にもなるので、力を入れすぎず丁寧に扱ってください。

まとめ

iPhoneを売る前にやる6つの準備として

1、データのバックアップ

2、「iPhoneを探す」をオフにする

3、iCloudをサインアウトする

4、iPhoneを初期化する

5、SIMカードを抜いておく

6、ネットワーク利用制限の状態の確認をする

個人情報を漏らさないための準備もいくつかありましたが、「iPhoneを探す」をオフにする、ネットワーク利用制限の状態を「○」にしておくなど、漏れがあると買い取ってもらえない項目もあるので念入りに確認してください。

また、お近くの買取店ではなくiPhoneを郵送して買い取ってもらう場合は、買取不可のiPhoneだと判断されると着払いで返されてしまうことになるので注意が必要です。

行うべき作業をひとつひとつこなし、最後にはiPhoneをなるべききれいな状態にお掃除して査定の場所に持ち込みましょう。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

カテゴリ一覧