遺品整理の料金表・費用相場まとめ!値段を安く抑えるコツ・おすすめ業者 | uruka(ウルカ)

遺品整理の料金表・費用相場まとめ!値段を安く抑えるコツ・おすすめ業者

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
遺品整理業者の料金表・費用相場まとめ

「遠くに1人で住んでいた父親が他界したため、遺品の整理に行く必要があるけど、仕事が忙しくてなかなか時間が取れない…」

「遺品が多すぎて、整理したいけどとても1人じゃできそうにない…」

こんな悩みを抱える方にとって、遺品整理を請け負ってくれる遺品整理業者はとても心強い存在です。

とはいえ、遺品の処分を他人に任せることに心理的抵抗があるという方も珍しくありません。

そこで、今回は遺品整理ということについて考え、また遺品整理業者に頼む場合の料金・費用相場についてなど、お金考察してみました。

値段を安く抑えるためのコツも公開しておりますので、是非お読みいただけますと幸いです!

 
※ なお、遺品整理・生前整理ならバイセル買取プレミアムがオススメ。スマホからカンタン27秒で無料見積もり・相談ができます。

どれも口コミで評判が良い、みんなに人気のサービスです!

あなたも安心して利用ができるので、今すぐリンクをタップして公式サイトから無料で見積もり・相談してみてください。見積り金額などで判断して、一番条件の良い業者を利用する為、「最低でも2件の問い合わせ」を今のうちに入れておくことをオススメします。
 
【1番人気】バイセル・・・坂上忍さんのCMでもお馴染。2年連続お客様満足度、第1位!
 
【2】買取プレミアム・・・24時間無料電話相談可!最短即日対応!女性査定員在籍!
 
【3】・・・遺品整理のエキスパート。東京23区〜神奈川県・埼玉県・千葉県対応可能!

遺品整理の目的

遺品整理とは、一言で言うその後「亡くなった方が遺したもの(動産)を整理すること」になります。

そして、ここでいう整理は、整理整頓のようなイメージというよりは、いらないものを処分するという意味合いが強くなっています。

近しい家族の方などが亡くなったとき、悲しみや喪失感からなかなか何も手につかず、故人が使っていたものがそのままになっているという話を耳にすることがあります。

そのままにしておいてはいつまでも時間が止まったままですし、悲しみを乗り越えて歩き出すために、遺品整理はとても大切な意味合いを持ちます。

それだけではなく、法律上の観点からも遺品整理はとても大切なこととなっています。

というのも、人が亡くなった際には自然に相続が発生することが民法という法律で定められています。

そのまま何もせずに3か月が経過すると、相続人が全ての財産当たり故人を相続する(単純承認)という意志表示をしたものと同じこととなってしまいます。

一見すると大した問題ではないことのように思えるかもしれませんが、全てを相続するということは、プラスの財産もマイナスの財産も全部相続するということになってしまいます。

遺品整理は相続財産を探し、選ぶことでもある

遺品整理を行うことによって、故人の遺したものの中にはどんなものがあるのか、ということをよく把握することができます。

※この場合の遺品整理は処分というよりは整理と把握が目的となります。

高価な時計や衣類などはプラスの財産と言えますが、家族の誰もが知らなかったような借金の借用書や保証人となっている契約書などがマイナスの財産として出てくることもあります。

こうした借金や保証契約などのマイナスの財産も相続の対象となっているため、相続を単純承認してしまうと思いがけない損害をこうむることになる恐れもあります。

プラスよりもマイナスの財産が多い場合には、相続の放棄や限定承認という特殊な方法をとることができます。思いがけないトラブルに巻き込まれないように遺品整理をきっちりと行うことはとても有効なのです。

※だからといって、先にプラスの財産を勝手に売却したり自分のものにしたりしてしまうということも単純承認したものとみなす、という風に法律で定められています。

相続の協議などが終了するまでは勝手に処分などを行わないように気を付けましょう。

遺品整理の費用相場はどれくらい?目安を公開!

適切な遺品整理によって処分するものが確実になったら、遺品整理業者の出番です。

特に現代は核家族化が進んで久しく、同居していない家族が亡くなるということは珍しくありません。

その際に遠方から遺品整理に向かうことが難しいというケースなどがあり、遺品整理業者に依頼することが増えてきています。

それでは、業者に遺品整理を頼む場合の費用相場はどれくらいなのでしょうか。

遺品整理の料金相場

遺品整理を業者に頼む場合、

・対象となる部屋にどれくらいの家具があるか

・分別にどれくらいの手間がかかるのか

・部屋が所在する階とエレベーターの有無

などによって費用が変動するため、明確な相場をお伝えするのは難しいのですが、基本的には下記のような幅を目安として考えてください。

間取り料金相場
1R・1K30,000円~80,000円
1DK~1LDK50,000円~200,000円
2DK~2LDK100,000円~200,000円
3DK~3LDK150,000円~500,000円
4LDK~250,000円~
一般的な戸建300,000円~800,000円

もちろん地域などによっても変わってきますので、事前にしっかりと業者と打ち合わせすることが大切です。

目安はあくまでも目安。相見積が費用を抑えるコツ!

上記の表の相場は、あくまでも目安となっています。

故人の生活スタイルは千差万別ですから、単純に間取りだけで一律に料金を設定することが難しく、実際に部屋を見てもらわなければ業者でも見積を作成できません。

※逆に部屋を見ないままの見積で話を進めると、当日にいきなり追加費用を請求されるということになりかねません。

そのため、業者に訪問見積を依頼することになるのがほとんどですが、この訪問見積に関しては無料で実施してくれる業者が多くなっています。

また、訪問見積では実際に業者に来てもらうことになりますが、これは業者と直接相談するチャンスです。

メールや電話だけでは伝えきれない現状や希望についてしっかり相談できますし、大切な遺品をぞんざいに扱うような業者でないかどうかを自分の目で確かめられるため、このチャンスをしっかり活かすようにしましょう。

また、せっかく無料で見積を作成してもらえるのですから、1社だけでなく複数社から相見積を作成してもらうことはとても大切です。

実際にお部屋の状況を見た結果、業者それぞれの判断で見積が作成されますが、あまりに安すぎたり高すぎたりする見積はトラブルの種となる可能性があります。

その見積が高すぎる/安すぎるということの判断には、やはり目安を参考にするだけでなく、複数業者に見積を依頼して比較することが有効なのです。

もちろん、見積金額のためだけでなく、実際に複数の業者に訪問してもらったうえで依頼先を検討することができるというのも重要なポイントです。

つまり相見積こそが、できるだけ費用を安く抑えつつ、適切な業者に依頼するためのベストな方法だと言えます。

遺品整理業者の上手な選び方

遺品整理を業者に依頼する時、インターネットなどで業者を調べることが多いはずです。

もし見積を依頼する業者選びで迷ってしまった場合には、下記の2点について注目してみてください。

・遺品整理士が在籍しているか

・一般廃棄物収集運搬の許可を持っているか

遺品整理士とは、一般社団法人遺品整理認定協会によって認定される民間資格で、遺品の整理に関する正しい知識を持っていることを証する資格です。

遺品整理士がいるからクオリティの高い業者である、と短絡的に言うことはできませんが、客観的に遺品についてしっかりと取り組んでいるということの判断材料にはなります。

また、一般廃棄物収集運搬の許可とは、遺品を買取ではなく廃棄処分する際に必要な許可です。

この許可を受けていない業者の場合は、廃棄にあたっては許可を受けている業者と協力することになります。

協力すること自体には何の問題もありませんが、その分の費用が上乗せになっていることがあるため、注意が必要です。

※最悪の場合、遺品を不法投棄される恐れがありますので、処分方法についてはしっかりと確認しておくことが良いでしょう。

悪徳業者にご用心

遺品整理業者の中には、悪徳な業者も一握りいると考えられています。

遺品整理を自分たちだけでなく業者に頼む場合には、時間的に差し迫っていることなどがあり、急いで処分したいという心理につけこんだ手口が見られるようです。

では、そもそも何をもって悪徳業者と言えるのでしょうか。

たとえば、

・見積金額が異常に高い

・遺品をぞんざいに扱う(投げる・踏みつけるなど)

・遺品を盗む

・不法投棄を行う

・契約外の高額な追加費用の請求をする

・不適切な安価で買取しようとする

ということなどが挙げられます。

基本的には相見積で業者を吟味する中で見極められる内容であると言えますが、依頼する事情や状況によっては正しい判断を下すことが難しい場合もあります。

例えば、急を要する遺品整理を相談したところ、”スピード重視の業者”だということで、現地を訪問することなく安い見積を提示されたというような場合には要注意です。

作業当日になって予想外の高額な追加費用を請求され、時間がないためにやむなく支払わざるを得なくなった、というトラブルも起こっているようです。

このような悪徳業者の餌食にならないためには、できるだけ契約前に担当者としっかり相談し、わからないことや不安なことははっきりと伝えて説明を求めることが大切です。

その内容に納得したうえで、契約内容を契約書に明記してくれる業者であれば、安心して遺品整理を依頼することができるといえます。

遺品整理業者に実際に依頼した体験談

続いて、遺品整理業者に実際に依頼した体験談についてもまとめました。

インターネット上では、

・お金がかかるので、自分でまとめて捨ててしまおうと思ったが、予想外の物品量に困って業者に依頼した。2時間くらいで済んだので、自分1人だけでやる手間や費用を考えると、頼んで本当によかった。

・遺品の引き取りと廃棄をドライに済ませてもらえるだけだと思っていたが、アルバムなどの供養や部屋の清掃まで丁寧にやっていただけて本当に助かった。

・遠方に住む親族が亡くなり、アパートの明け渡しのために遺品整理業者に依頼した。自分が現地に行くには時間的に難しく、業者に依頼した。最初は抵抗があったが、思っていたより安く済んだことや、丁寧な対応をしてもらえたことで、思い切ってプロに頼んでみて正解だと思った。

・故人に収集癖があり、あまりに物品が多すぎたため、自分たちで形見分けのみを済ませてあとは業者に依頼した。短時間で作業してもらえることを意識して業者を探した結果、期待通り仕事の速い業者に来てもらえて良かった。

・仕分けの手伝いなど、当初の予定には含まれていなかったことまで応じてくれた。

・見積が明確で、同じスタッフの方が最後まで作業を担当してくれるので安心だった。

などの「遺品整理業者に依頼してよかった」という体験談を多く見ることができます。

業者によって費用はもちろん作業方針なども異なります。見積や相談の際にできるだけ自分の状況や希望などを伝え、ベストな業者と方法で遺品を整理することを目指しましょう。

遺品整理は自分でやるべき?業者に頼むべき?

遺品整理は、日用品や家具だけでなく、亡くなった方の大切にしていたものなどについても思い切って処分する必要が出てくるうえ、一生のうちでそう何度も経験するものでもありません。

そのため、精神的な負担を感じるという方も珍しくないことから、遺品整理業者に依頼するということはポピュラーになりつつあります。

それでも、他人である業者に遺品整理を任せるということに抵抗があるという方がいることも事実ですし、お金がかかるということで依頼をためらうというケースも見受けられます。

遺品整理業のあり方について

これまで、故人の部屋の片付けや不用品の処分などについては、遺族が自分で行うことが普通とされてきました。

しかし、遠方のマンションや市営住宅に住んでいた親類が亡くなったというケースなどでは、退去の手続きのために急いで遺品整理をしなければならないということもあります。そのような事情に迅速に対応できないという方も多いというのが実際のところです。

そのため、遺品整理業者が登場し、プロならではの蓄積されたノウハウを駆使して遺品整理をおこなうということはごく自然な流れだと言えます。

また、遺品整理とは、ある意味遺族が自分の心を整理するということでもあります。

手元に残しておきたいもの、思い切って処分してしまうものの仕分けを決断する過程で、故人の死を受け入れ、また日常を取り戻すことができるのです。

遺品整理業者は、こうした心情の問題についても細やかな心遣いができ、心の整理のパートナーになってくれるという存在だと言えます。

まさに、単なるゴミ処理業者や廃棄物処理業者ではなく、思いのこもった品々を丁寧に探し出し、故人や遺族と誠実に向き合ってくれる存在が、遺品整理業者なのです。

上手に業者を利用すれば、費用と時間を節約できる

遺品整理業者へ依頼することに抵抗があるため、すべて自分で遺品整理をすると決心したとします。

しかし、自分の手で箱詰めしたり運んだりできるものばかりであれば良いのですが、実際には家具や家電などの大きな遺品を整理する必要も出てきます。

場合によっては箱詰めや袋詰めで自分の引っ越しよりも大変な思いをすることになる可能性があるうえ、それらを廃棄するにも運搬の手間や費用がかかってしまいます。

一方、遺品整理業者に依頼する場合、見積金額に遺品の運搬や廃棄の費用も含まれていることが普通ですし、現場に見合った人数でてきぱきと遺品整理をこなしてもらえるため、トータルで考えれば費用対効果はかなり大きいものとなるでしょう。

余裕があれば遺品整理業者に依頼する前に自分のできる範囲で遺品を処分したり、家電や家具をリサイクルショップに引き渡したりしましょう。遺品整理業者の作業量を減らしてその分の費用を抑えるということも可能なのです。

(実はこれも遺品整理の値段を安く抑えるコツです。)

上手に遺品整理業者を利用して、費用や時間を節約することがベストです。

まとめ

遺品整理は、単なる不用品の処分ではなく、遺族が心の整理をつけるというとても重要な意味を持っています。

・遺品整理にあたっては、遺品整理業者を利用することができるやや費用の節約につながるケースが多い。

・抵抗を感じるかもしれないが、遺品整理業者に依頼するという方が増えてきている。

・遺品整理業にかかる費用は画一的ではなく、いろいろな要因によって変動する。

・複数の業者による相見積をとって利用を検討することが理想的。

・業者検討の際には実際に担当者と会って相談し、不審な点がないか確認することが必要。

・遺品整理士が在籍しているか、一般廃棄物収集運搬の許可を持っているかも合わせて確認できると良い。

・高すぎる見積もり、安すぎる見積もりはトラブルの原因となるので要注意。

また、遺品整理にはどうしても心理的な負担がつきもので、自分で遺品整理をしようと決心しても、いざ遺品を目の前にすると作業をなかなか進められないということも珍しくありません。

遺品整理業者を適切に利用することで、費用や時間の節約は必ず、遺品整理にかかる心理的負担を軽くすることもできるため、一度前向きに業者への依頼を検討してみてはいかがでしょうか。

 
※ なお、遺品整理・生前整理ならバイセル買取プレミアムがオススメ。スマホからカンタン27秒で無料見積もり・相談ができます。

どれも口コミで評判が良い、みんなに人気のサービスです!

あなたも安心して利用ができるので、今すぐリンクをタップして公式サイトから無料で見積もり・相談してみてください。見積り金額などで判断して、一番条件の良い業者を利用する為、「最低でも2件の問い合わせ」を今のうちに入れておくことをオススメします。
 
【1番人気】バイセル・・・坂上忍さんのCMでもお馴染。2年連続お客様満足度、第1位!
 
【2】買取プレミアム・・・24時間無料電話相談可!最短即日対応!女性査定員在籍!
 
【3】・・・遺品整理のエキスパート。東京23区〜神奈川県・埼玉県・千葉県対応可能!

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

かんたん作業料金チェック!

あなたが依頼したい作業の料金はいくら?

あなたが依頼したい作業の料金はいくら?
かんたん45の入力で最安値がわかる!

  • 最安値で頼める!
  • 最短当日で作業!
  • 幅広い作業に対応!

カテゴリ一覧