遺品整理の見積もりの取り方と注意点!あなたが騙されずに済む方法は? | uruka(ウルカ)

遺品整理の見積もりの取り方と注意点!あなたが騙されずに済む方法は?

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

遺品整理の際に気になることのひとつが「作業料金」ではないでしょうか。処分するゴミや遺品の量によって費用が大きく変動する可能性もあるため、事前に大まかな料金の相場を把握しておく必要があります。

ここでは、遺品整理業者による見積もりについて、依頼すべき理由や注意したいポイントを詳しく紹介します。

 
※ なお、遺品整理・生前整理ならバイセル買取プレミアムがオススメ。スマホからカンタン27秒で無料見積もり・相談ができます。

どれも口コミで評判が良い、みんなに人気のサービスです!

あなたも安心して利用ができるので、今すぐリンクをタップして公式サイトから無料で見積もり・相談してみてください。見積り金額などで判断して、一番条件の良い業者を利用する為、「最低でも2件の問い合わせ」を今のうちに入れておくことをオススメします。
 
【1番人気】バイセル・・・坂上忍さんのCMでもお馴染。2年連続お客様満足度、第1位!
 
【2】買取プレミアム・・・24時間無料電話相談可!最短即日対応!女性査定員在籍!
 
【3】・・・遺品整理のエキスパート。東京23区〜神奈川県・埼玉県・千葉県対応可能!

遺品整理の見積もりとは?

遺品整理の見積もりとは、故人の遺した荷物や家財道具について、専門の回収業者に処分を依頼する前に、どの程度の料金になるかを計算してもらうサービスです。

遺品整理は身内だけで行うこともできますが、荷物の整理が追いつかない場合や、部屋に入れない状況のときは、専門の業者に依頼するのが理想的です。しかし、あまりにも物の量が多いと料金が高額になる可能性もあるため、事前に見積もりをとって確認をしておく必要があります。

見積もりは多くの場合無料でとってもらえるので、料金がいくらになるか確認しておけば、安心して契約ができます。なかには見積もり料金がかかる業者もありますが、作業に入る前の段階なのでそれほど高額にはならないと考えられます。

遺品整理業者を利用する状況としては、以下のような理由が多くみられます。

  • 大量の遺品があり整理しきれない
  • 故人が孤独死をしており特殊清掃の必要がある
  • 何から掃除・処分すればいいかわからない
  • 遺品の処分だけではなく買取やリサイクルもお願いしたい
  • 遺品整理のあと、ハウスクリーニングもお願いしたい
  • 汚れや臭いが残っており住居に入れない
  • 害虫や害獣が発生しており住居に入れない

よくある依頼理由としては、大量の遺品や汚れ・臭いがあるような状況ですが、特殊清掃が必要で遺族が容易に立ち入れないといったケースもみられます。

これらの状況下では、遺品整理のほかに清掃作業や大規模なクリーニング、物品のリサイクルなども必要になる可能性があるため、事前に見積もりをとって料金を確認しておく必要があります。

遺族だけで片付けができれば理想的なのですが、故人の暮らしの状況によってはスムーズにいかない場合もあるでしょう。そのようなときには、適切に搬出から処分、リサイクルまでを行うプロの業者に任せるのがベストな方法といえるでしょう。

見積もりをとるべき理由

事前に料金や費用の見積もりをとっておけば、後から慌てる心配がありません。ここでは具体的に、遺品整理業者に見積もりをとるべき理由を紹介します。

部屋の状況は直接確認しなければわからない

電話口やメールの文面のみで部屋の状況を伝えようと思っても、荷物の量や部屋の散らかり具合などは現場を見てみなければわかりません。引っ越し前の訪問調査と同じく、担当者が直接部屋の目視をすることで、正しく料金が算出されます。

遺品整理業者の場合、部屋の広さや荷物の量に応じて当日の作業をイメージします。何人で何時間かかるかを考えながら、荷物の搬出が難しい箇所や、作業に時間がかかる可能性も考慮し、具体的な作業工程とそれにかかる費用を算出します。

所要時間と作業員の人数がわかれば料金が計算できるので、必ず訪問見積もりを取るようにしましょう。

業者によって作業料金は異なる

遺品整理は引っ越しと同じく、担当する業者によって料金体系が異なります。少しでも安く依頼するためには見積もりをとっておくのが確実といえるでしょう。(格安の業者はハウスクリーニングなどのオプションを用意していない場合があります)

料金体系以外にも、部屋の広さや作業員の人数次第で料金が変動するので、A社が「作業員2人」とするところB社が「作業員3人」とすれば、2人のほうが料金は安くなります。この見積もり自体も業者の判断によるところが大きいので、事前に確認をとらなければなりません。

見積もりをとれば一番安い業者が選べる

見積もりをとってみると、どの業者が一番安いかがすぐに比較できます。

A社が80,000円のところB社は70,000円で応じてくれるが、C社は簡単な清掃が付いて70,000円以内に収めてくれるとわかれば、C社>B社>A社のように優先順位をつけて検討できますね。

優先順位をつけると、料金以外のサービス面でも比較ができるようになります。次の項目ではサービスについて詳しく説明します。

複数のサービスを比較できる

シンプルに費用だけで比べることもできますが、それ以外のサービスやオプションについても、見積もりの段階でしっかりと比較することが大切です。

サービスの項目サービスの内容
養生・仕分け・貴重品捜索遺品整理の基本的な作業です。すべて無料で行うケースが多いが、料金がかかる場合も。
形見の返送不用品やゴミの中から見つかった形見を、処分せずに返送してもらえます。
遺品の供養故人の遺品のうち、位牌や遺影を含めた物品を寺院などで供養します。
ハウスクリーニング部屋の片付けのほかに清掃や汚れ落としなどをおこないます。
買取・リサイクル不用品の中からリサイクルできる物を買取・引き取りしてもらえます。
消臭・害虫駆除部屋にゴミなどが溜まっている場合、残った臭いの消臭や害虫駆除を実施します。
各種業者との連携遺品整理業者がハウスクリーニングを行わない場合、利用者に清掃業者を紹介します。リサイクル業者についても同様です。

上記のサービスのうち、無料で対応してくれる項目が多いほどお得と判断することができます。

オプション費用も比較しよう

上記のオプションは、遺品の搬出と同時に利用できるメニューです。それぞれに料金が設定されているので、利用する予定がある方はそれぞれにいくらかかるのかをチェックしておきましょう。

キャンペーンを使って割引を受けたり、複数のメニューをあわせたセット料金を利用すれば、さらにお得になります。見積もりをとれば割引率が計算できるようになるので、業者とよく話し合って料金相場を確認してください。

遺品整理の見積もりは、基本的に無料となっている場合が多いです。しかし、なかには見積もりにも費用が加算される場合があるため、安く依頼したいと考えている方は公式のウェブサイトで「見積もり無料」と表記している業者を選びましょう。

訪問見積もりの流れ

ここからは、遺品整理業者による見積もりの流れについて説明します。

基本的に見積もりは担当者(遺品整理業者のスタッフまたは社員)が現場にやってきて、荷物の量や搬出経路、搬出にかかる時間、ハウスクリーニングの必要性などをチェックします。

複数の業者に一括でアポイントがとれる「一括見積もり」サービスも便利に活用できるので、あわせて紹介します。

STEP1:連絡・相談

業者に連絡し、訪問見積もりが可能かどうかを聞いてから、現地調査の日取りを決めます。おおまかな家財道具の量や故人の家の住所を聞かれるので、伝えられる情報は事前にすべて伝えておきましょう。
※ほとんどの遺品整理業者は対応できるエリアが決まっているので、エリア外に故人の家があると対応できないと言われることもあるため注意が必要です。

STEP2:日時の調整・決定

その場で日時が決まらない場合、後日連絡をもらって正式な日取りを決定します。原則的に立ち会いは必須であり、見積もり当日に正式に契約する場合も多いので、スケジュールを空けておきましょう。

STEP3:訪問

取り決めた日時に担当者が現地を訪問します。

STEP4:見積書を受け取る

現地で必要な作業、作業にかかる時間、作業員の人数から見積もられた料金を見積書にして渡してもらいます。

STEP5:問い合わせ・契約

料金に納得できたら、再度問い合わせをして申し込み、契約をします。

一括見積もりの流れ

前提として、一括見積もりはいわゆる「遺品整理業者の紹介サイト」のことであり、一括でそのまま正式な見積もりがとれるというわけではありません。

STEP1:サイトから申し込む

申し込みはインターネット上のウェブサイトから行います。一部の市区町村にしか対応していない見積もりサイトもあるため注意しましょう。
サイト内に部屋のタイプ・希望日時・住所・連絡事項・利用者の住所氏名を入力して送信すると、複数の登録事業者から連絡が届きます。

STEP2:見積書を受け取る

連絡をくれた事業者に1件ずつ訪問見積もりをしてもらいます。時間差で同じ日に訪問を受けることもできますが、時間がかぶらないように調整をしましょう。
現地で得られた結果をもとに見積書を出してもらえるので、内容をよく確認して比較してください。

STEP3:問い合わせ・契約

複数の見積書を比較し、最適な1社に問い合わせをして契約します。

見積もり前の注意点・確認事項

良さそうな遺品整理業者が見つかったら、そのまま見積もりをとることもできますが、事前に注意点や確認事項もチェックしておきましょう。

遺族への確認と合意・相続放棄の手続き

故人に近しい関係の遺族には、必ず事前確認をおこない了解をとってから業者に連絡をするようにしましょう。
たとえば、お孫さんが祖母(故人)の遺品整理をするという場合、自分の兄弟姉妹や両親はもちろん、祖母の親兄弟がいて本人と親しく付き合いがある場合は、そちらにも遺品整理をする旨を連絡します。

これは、勝手に遺品を整理したことによるトラブルを防ぐため。見積もりをとってからそのまま契約に入ってしまうと、後から遺族に連絡することになります。後から遺族が遺品整理業者にクレームを入れるといったトラブルも少なくないため、順序が変わらないように注意しなければなりません。

「故人の遺品で処分してほしくない物」「形見分けしてほしい物」「故人の写真や映像データなどはどうするか」など、遺品について細かく確認をとっておきましょう。

また、申し込みを行う人が故人の財産や負債を相続しない(相続放棄)場合は、相続人と決まってから3ヶ月以内に放棄の手続きを行ってから遺品整理業者に連絡を。

万が一遺品の中にある高価な品物を形見分けしてしまうと、相続を承認したものとみなされて放棄ができなくなるおそれもあるので、放棄が正式に受理されるまでは遺品に手をつけないようにしましょう。

スタッフの対応を見る

1社ずつ問い合わせをする段階で、スタッフの対応力をみましょう。丁寧に対応してくれるか、見積もりを断らずに契約を結ばせようとしないかを確認してください。

遺品整理業者の中にはいわゆる悪徳業者も存在します。見積もりをとらせずに割高な料金で作業を行おうとするのが悪徳業者の基本的なやり方なので、電話などでコミュニケーションをとりながら相手の対応力をチェックしましょう。

追加費用について尋ねておく

故人の家や敷地内に、ガスボンベなどの可燃物や危険物が置いてある場合、または特殊な設置物がある場合は、それらの撤去に追加費用が発生する可能性があります。

他にも、ゴミや不用品の搬出時に壁など一部を壊さなければならない場合も追加費用を請求される可能性があるので、どこにどの程度の追加費用がかかるかを確認しておきましょう。

費用が高額になる場合は、遺品整理業者とは別の業者に依頼したほうがお得になることもあります。

依頼したい日取りを決めておく

見積もり前に、担当者の訪問が可能な日時を調整しておきましょう。家族で立ち会う場合は、家族のスケジュールも尋ねてから日取りを決定します。

業者によってはスケジュールが立て込んでおり、日時に都合がつきにくいこともあります。特に年末年始の直前など、不用品の回収処分が繁忙期に入る時期は遺品整理業者も忙しくなるおそれがあるので、早めに連絡を入れておきたいところです。

ウェブサイトをチェックする

見積もり前には遺品整理業者のウェブサイトを見て、大まかな情報をチェックしておきましょう。不用品のリサイクルや供養などのメニューも、サイト上で確認ができます。

「一般社団法人 遺品整理士認定協会」に加入している業者は「遺品整理管理基準適合会員企業」として登録され、証書が発行されます(左側の証書)。

さらに優良企業として認定されると「優良事業所」としての認定も受けられる(右側の証書)ので、サイト内にこれらの証書が掲載されているかもあわせて確認してください。

見積もり費用を安くするための3つのポイント

少しでも見積もり費用を安く抑えるためには、どのようなことが必要になるのでしょうか。ここでは、費用を安く抑えるためのポイントを紹介します。

1. 処分や清掃を行う

自分たちである程度処分や清掃ができれば、可能な範囲で処理を行いましょう。処分する物の量を減らせば、当日の作業時間が短縮でき、作業員の人数も最小限で済ませられます。

2. 買取・リサイクルを行う

まだ使える物や買取可能な物は、遺族だけで売却やリサイクルに出しておくと安心です。当日、遺品整理業者が誤って大切な品物を処分する心配もなく、仕分けをして後から送り返してもらう手間も省けるため、作業時間の短縮になります。

3. キャンペーンを利用する

業者によっては、以下のようなキャンペーンを実施しています。

  • アンケートモニター
  • 写真・映像モニター
  • 創業記念割引

モニターになると、遺品整理業者のウェブサイトに「お客様の声」として直筆のアンケート内容や写真、映像などが掲載されます。

他にも、創業記念日や夏季だけの期間限定でのキャンペーン、不用品買取オプションの併用などで割引や査定価格にキャッシュバックが上乗せされるといった特典が受けられる場合もあるので、ウェブサイトの告知は忘れずにチェックしましょう。

まとめ:

特殊清掃が必要な状況や、遺族だけで遺品整理をしきれないと判断したときには、プロの遺品整理業者に任せるのが確実です。しかし、遺品整理業の料金体系は一律ではないので、事前の見積もりが欠かせません。

引っ越しと同じく、遺品の量や部屋の状態、広さなどを確認しなければ正確な料金がわからないため、訪問見積もりは必須です。

当日、利用者本人が不在でも可としている業者も少なくありませんが、訪問見積もりについては作業日の流れの確認やオプションの打ち合わせなども兼ねるため、必ず立ち会うようにしましょう。

一括見積もりをとれば一度に複数の業者を比較できるので、1軒ずつ調べて連絡をする手間が省けます。スケジュールが立て込んでおり細かく業者を調べている余裕がなければ、一括見積もりも活用してください。

 
※ なお、遺品整理・生前整理ならバイセル買取プレミアムがオススメ。スマホからカンタン27秒で無料見積もり・相談ができます。

どれも口コミで評判が良い、みんなに人気のサービスです!

あなたも安心して利用ができるので、今すぐリンクをタップして公式サイトから無料で見積もり・相談してみてください。見積り金額などで判断して、一番条件の良い業者を利用する為、「最低でも2件の問い合わせ」を今のうちに入れておくことをオススメします。
 
【1番人気】バイセル・・・坂上忍さんのCMでもお馴染。2年連続お客様満足度、第1位!
 
【2】買取プレミアム・・・24時間無料電話相談可!最短即日対応!女性査定員在籍!
 
【3】・・・遺品整理のエキスパート。東京23区〜神奈川県・埼玉県・千葉県対応可能!

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

かんたん作業料金チェック!

あなたが依頼したい作業の料金はいくら?

あなたが依頼したい作業の料金はいくら?
かんたん45の入力で最安値がわかる!

  • 最安値で頼める!
  • 最短当日で作業!
  • 幅広い作業に対応!

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリ一覧