浴衣の買取相場はいくら?高く売れる種類や高価買取のコツと注意点

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
3f25ed36431ef648e7fcc07ad7bbe927

浴衣は着物の中でも着る機会が多いので、持っている人も多いでしょう。もし、浴衣を着る機会がなくなり使わなくなった場合、お店に売ることができます。では、浴衣の買取相場はいくらで、高く売れる種類はどのようなものなのでしょうか?

査定結果を見た時に高値買取なのかそうでないのかを判断し不安を解消するためにも、買取相場は知っておきたいところです。

ここでは、浴衣の基礎知識をはじめ、高く売れる種類や高値買取のコツ、注意点などを紹介していきます。使わなくなった浴衣を無駄なく売るため、少しでも高く売る知識を身につけましょう。

浴衣とは?浴衣の基礎知識

まず初めに浴衣の基礎知識を解説します。特に浴衣に使われている素材や種類は高値買取のためにも重要な知識なので、しっかりとおさえておきましょう。

浴衣は湯帷子(ゆかたびら)の略称

浴衣とは、湯上りに着る「湯帷子(ゆかたびら)」の略称で、元々は貴族が沐浴の時に着用した麻の単衣のことをいいます。時代の変遷とともに、夏には行水などで汗を流した後に袖を通して夕涼みを過ごしたり、男女子供を問わず寝巻にするなど、浴衣は日本の衣生活に欠かせないものとなりました。現在では夏に定番の和服として知られています。

文化学園服飾博物館に所蔵されている浴衣を見ると、明治から昭和初期の浴衣の絞り染、型染の模様として、藍染の美しい模様が多くみられます。

浴衣の種類

浴衣の素材は木綿のものが多く、そのほか麻や麻を織り交ぜた綿麻のものがあり、素材を活かして数多くの浴衣の種類が作られています。

浴衣の種類には、薄手の地に太めの糸を使い、細かい格子状に凹凸を出した綿紅梅(めんこうばい)や、肌にまとわりつきにくく風を通しやすい綿麻(めんあさ)、縦または横方向に隙間ができるように織られた生地で風通しのよい綿絽(めんろ)などがあります。

この他、東京本染めや有松絞りなどの伝統工芸品、老舗有名店の浴衣として高級品に位置づけられる竺仙(ちくせん)や三勝(さんかつ)などがあります。

浴衣の買取相場はいくらくらい?

では早速、浴衣の買取相場をご紹介します。浴衣は着物と比較するとどんな相場なのか、浴衣の買取が安くなる原因は何かなどに焦点を当て、高く売れる種類についても解説していきます。

浴衣の買取相場は着物と比べると価格が低い

浴衣の買取相場は数百円~数万円と幅が広いのですが、浴衣は新品でも手頃な価格で売られているため、着物と比べると価格が低い傾向にあります。

実際に買取相場は300円~18,000円以上で、たとえばミシン仕立ての浴衣は300円~1,000円、希少性の高い素材の場合は10,000円を超える価格になります。

浴衣の買取が安くなる主な原因

買取相場は素材が何であるか、ミシン縫いか手縫いか、によって変わります。

浴衣の買取価格が安くなる主な原因は、浴衣の素材の多くが綿素材かポリエステル素材だということです。綿やポリエステル素材などの浴衣はミシン縫いにより大量生産ができるので、希少性が低くなり安く販売されやすいです。一方、着物の場合は手縫いが多く、浴衣よりも買取相場が高い傾向があります。

なお、手縫いで希少性の高い浴衣の場合は数千円~数万円が買取相場だといわれています。

高く売れる浴衣の種類

高く売れる(希少性が高い)浴衣の種類として、有名百貨店で販売されている綿絽(めんろ)や宮古上布(みやこじょうふ)の浴衣、高級素材と呼ばれる綿紅梅(めんこうばい)、綿絽(めんろ)などがあります。これらの種類は状態にもよりますが、数千円~数万円の値段が付いた事例がありました。

この他、産地の伝統工芸品である有松絞りや東京本染め、老舗店として竺仙(ちくさん)、三勝(さんかつ)などがあり、有名デザイナー、有名産地、有名百貨店、呉服店仕立て品のものは高く買取してもらえる要素となります。

高値買取が期待できる浴衣ブランドを一挙公開!

高値買取が期待できる浴衣には、有名デザイナーや有名産地、有名百貨店、呉服仕立て品などの要素が含まれていると解説しました。ただ、その他の浴衣ブランドも高値買取を期待できる可能性があります。この章では、高値買取が期待できる浴衣ブランドを紹介していきます。

SOU・SOU

和服や和小物を独自のスタイルで提案し続けるSOU・SOUは、カラーミーショップ大賞2015大賞に受賞されるほど大人気の京都ブランドです。査定額はデザインによって前後しますが、買取相場は11,000円未満となります。

Bonheur Saisons

毎年浴衣を展開するブランドの中でも、Bonheur Saisonsは注目されているブランドの一つです。「幸せな季節を身にまとい感じる」をコンセプトに展開しており、洗練された大人女性のため、どんな色柄も着こなしやすいカラーが揃っていることで有名です。あまり流行を伴わない展開からも、高値買取が期待できます。

TSUMORI CHISATO

TSUMORI CHISATOは日本のファッションブランドで知られ、主に成人女性を対象にモードブランドとして展開しています。

ブランドコンセプトは「ガーリィでセクシー、大人のためのファンタジーがあふれる、ハッピーなテイストを提案する」としており、個性的な浴衣の展開で一定のファンがいます。そのため、買取価格は高値になる傾向があり、買取相場が16,000円以上と高値買取を期待できるブランドです。

岡重

岡重は「デザインの洗練」を伝統的な「京友禅」の世界で追求し続け、レトロなデザインの浴衣を展開している老舗ブランドです。「もの言わぬものものに、もの言わすモノづくり」をコンセプトにしており、大きな花の模様やはっきりとした色柄が人気です。

レトロ系の浴衣ブランドの中でも特に人気があるブランドなので、相場は20,000円以上と高値買取が期待できます。

anan

ananはファッション誌であるananから展開されている浴衣です。浴衣にはエレガントなデザインから王道のデザインまで豊富に揃っており、人気が高いブランドです。そのため、ブラックなど暗めのデザインよりも、ホワイトなどの明るいデザインが高値買取の期待ができます。

浴衣を高く売るための5つのコツ

浴衣を高く売るためのコツとはどういったものがあるのでしょうか?浴衣の特徴(種類や着る時期など)に焦点を当て、5つのコツを紹介していきます。

老舗店や百貨店が扱う浴衣は高く売れる

先に説明した竺仙(ちくせん)、三勝(さんかつ)などの老舗店は高く売れる浴衣の1つ、ということをおさえておきましょう。竺仙(ちくせん)は1842年(天保13年)に創業された老舗で、受け継がれてきた染色技術を活かし、江戸子紋も手掛けています。「浴衣なら竺仙(ちくせん)」と言われるほど高い人気があり、なおかつ大量生産ができないため希少性が高いです。

続いて三勝(さんかつ)は1984年(明治27年)に創業された染色会社です。三勝(さんかつ)の証紙があれば高く売れるので、ひょうたんの商標を目印にして買取前に確認しておきましょう。

その他、高値で売れる種類に綿紅梅(めんこうばい)や綿絽(めんろ)の浴衣を説明していましたが、これらの種類は竺仙(ちくせん)、三勝(さんかつ)とは違いノーブランドとなり、百貨店で扱われています。しかし品質が高く信頼されているため、百貨店で購入した浴衣であっても種類を確認しておくことをおすすめします。

浴衣をクリーニングに出しておく

浴衣は肌に直接触れるので、黄ばみや汗ジミになりやすいです。たとえご家庭で洗ったとしても黄ばみや汗ジミが浮き出てくることがあります。

このように浴衣が汚れてしまっている場合は高値が付きにくい、または汚れが激しいと買取対象にならないこともあるので、クリーニングに出してから買取に出すことをおすすめします。

ただし、クリーニングに出しても浴衣の種類によっては買取額が安く、クリーニング代にならないこともあるので、買取相場をよく確認してからにしましょう。

伝統工芸品の浴衣は高く売れる

老舗店や百貨店で扱う浴衣の他に、有松絞り染めや東京本染め、希少性の高い宮古上布(みやこじょうふ)の浴衣などの伝統工芸品は高く売れるということをおさえておきましょう。

有松絞りの浴衣は、愛知県名古屋市緑区の有松・鳴海地域を中心に生産されています。国の伝統工芸品にも指定されており、江戸時代の初め、徳川家康が江戸を開いてまもない1608年(慶長13年)に、絞りの開祖と呼ばれる竹田庄九郎によって誕生した浴衣で、特産物として保護された歴史があります。

次に東京本染めは、染め上がりに裏表がなく両面が染まった「注染(ちゅうせん)」という伝統的な染色技法を用いています。この染色技法は日本でしかおこなわれておらず、大量生産ができないので希少性が高い浴衣です。

最後に宮古上布(みやこじょうふ)というのは、沖縄県宮古島で織られている上布のことをいいます。宮古上布は(みやこじょうふ)熟練の職人であっても1反織るのに2カ月以上もかかるので、上布の中でも希少性が高く最上級品の織物になります。

浴衣が高く売れる時期を選ぶ

浴衣の買取時期は価格相場にも影響します。浴衣を着る夏には多くの人が購入を急ぐので、浴衣を着ない冬の時期では浴衣を高値で買い取ってくれるところは少なくなります。

そのため、浴衣を購入する時期である「4~7月」あたりが売り時だと考えておくとよいでしょう。つまり夏に入ると着物を購入した人が多くなり、需要が高くなりにくいので、浴衣を買い取ってもらう場合は夏に入る前を目安にするということです。

浴衣の帯と下駄もセットで売る

浴衣を着る際に必需品となる、帯と下駄はセットで売ると高値で買い取ってもらいやすいです。

浴衣に締める半幅帯はもともと販売価格は高くありません。そのため買い取ってもらいにくい傾向があるので、浴衣とセットで売ることによって同時に中古として査定される状態になります。

浴衣を買い取ってくれる店舗はどこ?

実際に着物を買い取ってくれる店舗は「ネットオークション、浴衣買取専門店、リサイクルショップ」などがあります。しかし店舗によって買取価格が大きく左右されるので、店舗の特徴とともに、どのように買取価格へ影響されるのかを解説していきます。

ネットオークション

浴衣を売るための方法に「ネットオークションに出品する」というのが挙げられます。ただし、希望価格以上で落札されるわけではないということに注意しておきましょう。

出品時には浴衣の寸法を図り、写真を取る、柄の補足をするなどさまざまな工夫が必要です。

また、最近ではネットオークションに似たようなフリマアプリを活用する方法もあります。ただし、フリマアプリの利用料や配送料などによって費用がかさむので、浴衣を高く売りたい場合には向きません。

着物買取専門店

浴衣買取専門店はネット上に店頭買取、出張買取、宅配買取の3つの買取方法があります。好みに合わせて、活用しやすい買取方法を選べます。

また、次のようなメリットがあります。

・専門店なので査定が正確

・高値買取が期待できる

・ネット上で申し込むため手間がかからない

特に、浴衣の買取専門店ということなので、浴衣の専門的な知識を持った専門家が在籍しており、査定額を正確に判断してもらえるのは大きなメリットだといえるでしょう。

リサイクルショップ

リサイクルショップは浴衣に限らずさまざまな衣服を扱っているので、浴衣を買い取ってくれる可能性があります。身近に店舗がある場合は活用しやすい方法でしょう。

ただ、浴衣の査定は専門的な知識が不可欠ですが、査定員に専門的な知識を要していない可能性があり、なおかつ浴衣や着物などを専門的に扱っているわけではないので、査定額を正確に判断してもらえるか不安が残る選択肢です。

浴衣を売る前におさえておくべき注意点

浴衣を高値で売るためには買取相場やコツを知っておくだけではなく、売る前の注意点までを把握しておく必要があります。買取価格が下がってしまう要素を中心に解説していきます。

証紙が無いと買取額が下がる

浴衣を購入した際に「証紙」と呼ばれる紙が付いてくることがあります。証紙とは、浴衣の価値を示す証明書のようなもので、次のような記載があります。

・産地の登録商標

・織元の名称

・素材の表示(絹100%など)

・伝統工芸品のマーク

・機械織りあるいは手織り

・染め方

査定士が浴衣を判別する際の助けとなるので、記載内容によっては証紙も提示すると査定額が上がる可能性があります。

裏を返すと証紙がない場合は査定額が下がる可能性があるため、買い取ってもらう前に証紙を無くさないよう注意しておく必要があります。

買取に出すタイミングを逃すと買取額も下がる

買取に出すタイミングに注意しておく必要があります。浴衣に限らず衣服は良好な状態で売るとそれだけ買取価格が高い傾向にありますが、浴衣の場合は肌に直接触れるものなので、売るタイミングを逃してしまうと汗ジミや黄ばみなどによって状態が悪くなります。

それに伴い買取価格も下がってしまうので、売ると決めた場合はすぐに査定してもらうようにしなければなりません。また、先に説明した買取時期のコツも活かすことができないので、あらかじめ売り出す店舗を決めておくのをおすすめします。

リサイクルショップや古着屋は買取額が安い

浴衣を売る方法にリサイクルショップや古着屋、ネットオークションを活用することができます。しかし高値で買い取ってもらうためには、以下の理由により注意しておく必要があります。

・浴衣の需要が低い

・専門的な知識を持つ査定員がいないため査定額が安くなりやすい

・浴衣の販売のみを対象にした店舗が多い

・売るための費用がかさむ

このような理由から買取価格が安くなります。特に専門的な知識を持った査定員がいないのは致命的で、全般的に価格が安くなりやすく、たとえ高級素材や高級ブランドであっても気付かない可能性があり、非常に安い査定額になってしまう場合もあります。

まとめ

・綿紅梅(めんこうばい)や綿絽(めんろ)などの素材が買取価格に影響する

・浴衣の買取相場は手縫いか機械縫いで大きく変わる

・老舗店や百貨店が扱う浴衣、伝統工芸品の見極めが代表的な高く売るためのコツ

・浴衣に付随する証紙や買取時期のタイミング、買取店舗に注意が必要

当記事では浴衣の買取相場や高く売れる種類、高値で売るためのコツをご紹介しました。浴衣を高値で買い取ってもらうためには、浴衣に用いる素材と希少性、ブランド、老舗や百貨店による扱いなどを買取前に把握し、注意点に気を付けながら買取に出すとよいでしょう。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

カテゴリ一覧