パソコンソフトの買取相場と売る方法!査定時の3つのポイントも紹介 | uruka(ウルカ)

パソコンソフトの買取相場と売る方法!査定時の3つのポイントも紹介

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
5f8886c95ced7aa00e1a58de84f877fd

パソコンソフトを買ってから、そのままインストールするのを忘れてしまい、使うことなく時が経ってしまったということがあります。

こうなると、すでにパソコンソフトは不要になっているということが多いです。そのままパソコンソフトを家に置いておくよりも売ってしまったほうがお金になるので、役立ちます。

では、パソコンソフトはどのくらいの価格で売れるのか、買取査定のポイントなども参考にしながら、手元にあるパソコンソフトをチェックしましょう。

お宝パソコンソフトを売ろう

埋もれていませんか?お宝パソコンソフトを売ろう

パソコンを使っていると「〇〇機能があったらいいな」と思うことがあります。そんなときに、パソコンソフトを購入してインストールをすれば、様々な機能を使うことができます。ただ、パソコンソフトを買ったものの、使わないまま放置している人って意外とたくさんいます。もしかしたら、あなたも忘れているかもしれませんが、パソコンソフトが部屋のどこかに埋もれているかもしれません。しかもそのパソコンソフトは、お宝の可能性もあります。

もし高額で売ることができたとしたら、また新しい何かを購入する資金にすることもできますし、現金が手に入って困ることはありません。ですから、まずは一度パソコンソフトが埋もれていないかどうか、確認をしてみてください。

人気のパソコンソフト別!買取相場

人気のソフト別!買取相場を公開

パソコンソフトには「人気のソフト」というものが存在します。もし人気のソフトを持っていれば、高額で買取をしてもらえる可能性があります。実際にパソコンにインストールしようと思って購入するソフトであれば、基本的には有名なソフトが多いので、あなたも持っているかもしれません。

では、具体的に人気のソフトとはどんなソフトなのか、そしてそれぞれのソフト別にみる「買取相場」の価格をご紹介しますので、お手元にパソコンソフトがある場合には是非とも金額をチェックしてみてください。

Microsoft Office Personal 2016 |買取相場:17,000円

1番多く使われており、有名で人気のあるパソコンソフトと言えば、やはりマイクロソフトです。基本的にマイクロソフトのパソコンソフトであれば、買取相場は17,000円前後となることが多いです。ただ、ソフトが古くなっていけばいくほどに価格は低下していきますので、できるだけ早い段階で売ってしまったほうが得策です。(2013よりも前のソフトになると、査定額がつかないケースもあります)

ちなみに、Windowsパソコンであれば元からofficeが入っているものもありますが、自作パソコンなどではofficeのソフトを購入してインストールしたいという人もいますので、まだまだofficeソフトというのは需要があります。ソフトは中古でも十分に利用できますので、むしろ中古でいいという人も多いのです。

ホームページ・ビルダー20 ビジネスパック|買取相場:12,000円

ホームページ・ビルダー20 ビジネスパック|買取相場:12,000円

自分で簡単にホームページを作成したいという人が、パソコンソフトを探していると、人気のあるソフトとして出てくるのが、こちらのホームページ・ビルダーです。ネットで何か仕事をしたいという場合には、ホームページ・ビルダーがとても役に立ちます。

ホームページ・ビルダー20は、すでに販売を終了しているパソコンソフトです。なので、中古で買いたいという人も多く、買取が積極的に行われているソフトの1つです。

内容は、知識があまりなくてもソフトがナビゲーションしてくれますし、ドラッグとドロップをすれば簡単にやりたいことができてしまいます。公開に関しても難しい設定をしなくていいので、とにかく簡単を目指している人に人気のあるパソコンソフトです。

Adobe Photoshop Elements|買取相場:10,000円前後

Adobe Photoshop Elementsは、パソコンを使って画像加工をしたい人に人気のあるソフトです。画像加工をするときに、「もっとこういう機能があったらいいな」「もっとスムーズにここをこうしたい」という、うまく進められない苛立ちを覚えることがあります。しかし、Adobe Photoshop Elementsであれば、とても簡単にやりたいことを実践できるので、画像加工に苛立ちを感じることがなくなります。

それだけ人気があり、中古でも需要があるソフトなので、積極的に買取をしているソフトでもあります。ただ、ライセンスの移行をしなければならないという、少しだけ手間がかかる部分もありますので、そこだけをしっかりと行っておけば高額買取が期待できるパソコンソフトです。

ウイルスバスター クラウド|買取相場:8,000円前後

パソコンソフトの中で人気のあるソフトとして、「セキュリティソフト」も入ります。パソコンを便利にするためだけのソフトではなく、しっかりとパソコンを守るためのセキュリティソフトも中古で買いたいという人が多いです。

現在ではネットワーク回線でセキュリティが備わっていることが多いのですが、それだけでは不安だという場合や、さらに一段階プラスしたセキュリティを目指す場合には、セキュリティソフトを使うのがポイントです。個人情報をしっかりと守ることができますし、ウイルス対策もバッチリなので、仕事などで利用するパソコンにはとても重宝するパソコンソフトです。

一般的なゲームソフト|買取相場:1,000円~3万円程度

一般的なゲームソフト|買取相場:1,000円~3万円程度

一般的なゲームソフトというのは、個人の趣味嗜好によって欲しいものが変わっていきます。また、パソコンでゲームをする人もいれば、まったく興味がないという人もいますので、ゲームが好きな人に対するアプローチとなってしまいます。

またゲームソフトは買取をする中で、値動きがかなり激しいアイテムの1つでもあります。人気のあるソフトであれば、高額査定が期待できるのですが、あまり流通していないような知名度の低いゲームソフトの場合には、さほど査定額が期待できない可能性もあります。

ただ、人気があるのに流通している数が少ないようなゲームソフトの場合には、定価を上回るような査定額が出ることもあります。

パソコンソフトを売る方法3選

【保存版】パソコンソフトを売る方法3選

実際にパソコンソフトを売ろうと思ったときに、どうやってどこで売ればいいのかと悩んでしまうこともあるでしょう。パソコンソフト自体が、一般的な中古品とは異なる専門的な中古品というイメージがあるので、普通の町にある中古品店に持っていっても大丈夫なのか?ちゃんと査定してもらえるのか?と不安になってしまう人も多いようです。

そこで、パソコンソフトを損することなく売る方法を3つご紹介しますので、参考にしてみてください。

①初心者におすすめ!専門の買取業者に依頼

初心者には、専門の買取業者を使ってパソコンソフトを売るのがおすすめです。

専門の買取業者というのは、自分たちだけのルートを持っていますので、「正当な価格」を提示してもらうことができます。つまり、パソコンソフトを売るのであれば、専門の買取業者に査定をお願いすると、正しい査定額で買い取ってもらうことができるので、初心者でも安心して売ることができます。

専門の買取業者が持っている、自分たちだけのルートというのは、なかなか凄いものがあります。それは、パソコン関係の商品を扱ったり、パソコンのマニアたちが集まるような、中小企業、ベンチャー企業、また個人でやっているようなお店などと交流があるからです。このルートを利用して、パソコンソフトを適正価格で買取ることができます。

②詳しい人におすすめ!フリマアプリを使う

②詳しい人におすすめ!フリマアプリを使う

フリマアプリを使うと、自分の好きな金額を設定して売ることができますので、パソコンソフトに関して詳しい人であれば、フリマアプリを使うのがおすすめです。

ただ、フリマアプリを使う場合には、相手もそれなりに知識を持った人がやってきますので、パソコンソフトに関してしっかりと知識があり、難しい質問が飛んできても答えられるようなレベルじゃなければ、売るのは大変です。

それから、一部のパソコンソフトには「ライセンス譲渡」をしなければならないものがあるので、そういった部分もお互いにうまく進めていけるような知識レベルでなければ、売るときに大変な思いをします。スムーズに取引ができれば、売る側も買う側もメリットがありますが、スムーズにいかないでいつまでも売れないと、時間の無駄になる可能性もあります。

③高く売りたい人におすすめ!オークションサイトで売る

オークションサイトを使うと、パソコンソフトを高く売ることができる可能性がアップします。

オークションサイトでは、パソコンソフトの名前や詳細を細かく記入して、写真もしっかりとアップしておく必要があります。また、オークションという特殊な販売方法なので、傷があることなど、商品に対するダメージや不具合についてもしっかりと記載しておかなければ、後々になってトラブルを引き起こすことになります。

ただ、マニアが「ほしい!」と思っているパソコンソフトであれば、オークションサイトに出品した直後から、どんどん値が上がっていくこともあります。最終的に、自分でも思っていなかったほどに高額で取引ができたというケースもあります。

パソコンソフトの買取価格を上げる!査定時の3つのポイント

【必見】買取価格を上げる!査定時の3つのポイント

パソコンソフトの買取価格というのは、どのように査定をして決められるものなのか。査定時のポイントを知っておけば、買取価格を上げることも可能です。埋もれていたパソコンソフトをそのまま査定に出すのではなく、一工夫するだけでも査定額に差が出てくるものです。

では、査定額をアップさせるための3つのポイントについてご説明しますので、今後パソコンソフトを売るかもしれないという人は、参考にしてみてください。

①説明書や箱などがキレイに保管されている

パソコンソフトを売る上で1番重要なことは、説明書や箱などがしっかりと保管されており、キレイな状態をキープしていることです。購入した時点で、パソコンソフトの説明書や箱は、とにかくキレイに保管をしておくことをおすすめします。説明書がないだけでも、査定額には差が出てきてしまいます。もちろん、減額査定の対象になるので気を付けてください。

箱や説明書をキレイに保つポイントは、湿気やカビにやられない場所に保管することです。クローゼットや物置などに保管する場合には、湿気がないかどうかを確認してください。もし湿気があれば、湿気取りなどを置いてカビが生えないように工夫をしましょう。

②ディスクに傷がついていない

②ディスクに傷がついていない

パソコンソフトはディスクが本体になりますので、ディスクに傷がついていると査定額がマイナスになります。パソコンソフトを使ったときに、ディスクが回転してついた通常の傷程度であれば問題はありません。ただ、パソコンで使っている以外のときに、そこらへんに置きっぱなしにして、傷がついてしまったなど、かなり大きく目立つ傷がついている場合には、買取査定でマイナスポイントとなります。

ディスクに傷をつけないようにするには、使わないときにはすぐパソコンから取り出しておいて、元合った場所にしまっておくことがポイントです。そして、箱にしまって先ほどお伝えしたように、キレイに保管できる場所に置いておくといいでしょう。

③なるべく最新のうちに売る

パソコンソフトというのは、次から次に新しいバージョンが販売されます。つまり、今現在で最新と言われているパソコンソフトを購入したとしても、またいずれ新しいバージョンが販売されるので、最新ではなくなってしまいます。

当たり前のことですが、最新のパソコンソフトは1番高額で売れるチャンスがあります。特に人気のあるパソコンソフトの最新バージョンであれば、高額査定が期待できます。ですから、最新という名前がついているうちに売るのが1つの重要なポイントとなります。

いつまでも「どうしようかな」と悩んでいる間に、次の最新バージョンが出てしまったら、その瞬間に査定額が下がってしまうので注意してください。

高価買取のチャンス!まとめ売りキャンペーンを狙おう

【コラム】高価買取のチャンス!まとめ売りキャンペーンを狙おう

パソコンソフトというのは、1つだけでは査定額がつかないようなものもあります。つまり0円という査定額になるというソフトのことです。しかし、そんな価値のないパソコンソフトであっても、まとめ売りキャンペーンを狙うことによって、高価買取のチャンスを手に入れることができます。

パソコンソフトを買取しているお店では、まとめ売りキャンペーンによって単品で1つ1つ売るよりも、0円査定のパソコンソフトが入っていたとしても、まとめて売ったほうがトータルして高額になることがあります。

高額買取を狙っているのであれば、こういったまとめ売りキャンペーンなどを利用して、少しでもお得に高額に売れるように工夫をしてみるといいでしょう。

まとめ│眠っているパソコンソフトを高額で売って現金をゲットしよう!

まとめ│眠っているパソコンソフトを高額で売って現金をゲットしよう!

パソコンソフトは意外と家の中に転がっているもので、探し出してみるといくつも出てくることがあります。もちろん1つでも売ることはできますし、たくさんあればそれだけ現金をゲットするチャンスが増えるということになります。使っていないパソコンソフトを放置しておくだけでは、とても勿体ないです。

パソコンソフトを売るときには、査定額をアップさせるポイントもありますし、売る場所や方法によって金額が異なる可能性もあります。そういった要素を踏まえて、パソコンソフトを自分に合った方法で売ってみましょう。

まずは、お手持ちのパソコンソフトがいくらになるのか、査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。思ってもみなかったお小遣いをゲットすることができるかもしれません。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

カテゴリ一覧