絵画のおすすめ買取店5選!買取相場や売るコツも徹底解説 | uruka(ウルカ)

絵画のおすすめ買取店5選!買取相場や売るコツも徹底解説

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
絵画のおすすめ買取店5選!買取相場や売るコツも徹底解説

絵画の高価買取を成功させるためには、店舗選びが重要です。どれだけ価値のある絵画でも、実績のない買取店では高く買い取ってもらえる可能性は低いです。

そこでこの記事では、実績のある絵画のおすすめ買取店と作家別の買取相場、高く売るための4つのポイントなども詳しく解説していきます。

これを読めば、失敗することなく絵画の高価買取を成功させることができます。

絵画のおすすめ買取店5選|実績豊富な専門店

絵画の買取

まずは絵画のおすすめ買取店を5つ紹介していきます。

  • バイセル
  • 日晃堂
  • 福ちゃん
  • 美術品・買取センター
  • 総合美術買取センター

バイセル|24時間無料で電話相談が可能

  • 最短即日で出張買取に対応
  • 月間利用20,000件以上の信頼性
  • 鑑定書が無い絵画でも査定可能
買取方法宅配・出張・店頭
出張買取エリア全国47都道府県
宅配キットあり
送料・キャンセル料送料無料(返送料は有料)
入金スピード・出張買取は即日現金
・宅配買取は最短2日で入金

バイセルは買取依頼から最短での即日訪問が人気の買取店で、鑑定書がない絵画、汚れていて古い絵画でも査定してもらうことが可能です。

出張買取では出張料、査定料、キャンセル料などの費用は一切かかりません。また、査定額に納得できれば、その場で現金の受け取りができます。

アフターフォローも充実しており、査定額やスタッフの対応に不満がなかったかを電話で確認してくれます。意見に応じて丁寧に対応してくれるため、初めての人でも安心して利用可能です。

日晃堂|ジャンル別に専門の鑑定士が在籍

  • 絵画専門の鑑定士が査定してくれる
  • 無料出張査定で即日現金受け取りが可能
  • メール・電話で査定額の目安が確認可能
買取方法宅配・出張・店頭
出張買取エリア全国47都道府県
宅配キットあり
送料・キャンセル料送料無料(返送料は一部有料)
入金スピード・出張買取は即日現金
・宅配買取は1〜5日で入金

日晃堂は買取商品ごとに専門の鑑定士が対応する本格派の買取店です。

価値の高い絵画に対しては高価買取を約束。過去には森田茂作『富士』を250,000円で買取した実績があります。

全国対応可能な出張買取では、絵画の梱包・運び出しもすべて日晃堂のスタッフが無料で対応。そして、出張・宅配ともに絵画1点から買取を受け付けています。

福ちゃん|絵画1点から買取可能

  • 幅広い販路を確保し、高価買取を実現
  • 1点から数千点の買取に対応
  • 査定員の丁寧な対応に定評あり
買取方法宅配・出張・店頭
出張買取エリア沖縄を除く46都道府県
宅配キットあり
送料・キャンセル料送料無料(返送料は一部有料)
入金スピード・出張買取は即日現金
・宅配買取は1〜5日で入金

福ちゃんは、オークションや骨董市など高価買取のために幅広い販路を保有する買取店です。

これまでに東郷青児作の絵画『髪飾』を600,000円で買取した実績があります。

また、鑑定士へのマナー研修を定期的に実施。鑑定士の親切な対応に定評があり、出張買取も安心して依頼することが可能です。

絵画以外にも中国骨董や珊瑚製品、茶道具など幅広い骨董品の買取に対応しています。そのため、家で眠っている骨董品や絵画を売るのにはぴったりの買取店です。

美術品・買取センター|最短数分のスピード査定

  • 業者向けのオークションを主宰
  • 申込みから24時間以内に査定完了
  • LINE、WEB、メールから依頼が可能
買取方法宅配・出張・店頭
出張買取エリア全国47都道府県
宅配キットあり
送料・キャンセル料送料無料・返送料無料
入金スピード・出張買取は即日現金
・宅配買取は当日〜翌日

美術品・買取センターでは、LINEやメール、WEBで手軽にスピード査定が可能です。査定額に同意すれば出張・宅配での買取となり、減額され査定額が変わることは基本的にありません。

また、美術品・絵画オークションを主宰しており、直近の相場情報に通じています。そのため、直近で価値の高騰した絵画も現時点での相場で買取してもらうことが可能です。

最短数分のスピード審査で、精度の高さにも定評があり、宅配買取キャンセル後の返送料がかからない点も安心です。

総合美術買取センター|実績20年以上の鑑定士が多数在籍

  • LINEやWEBから気軽に査定可能
  • 絵画以外にも幅広いジャンルに対応
  • 買取が強化されている作品がある
買取方法宅配・出張・店頭
出張買取エリア全国47都道府県
宅配キットなし
送料・キャンセル料送料無料・返送料無料
入金スピード・出張買取は即日現金
・宅配買取は承認後に入金

総合美術買取センターは、絵画をはじめ幅広い美術品買取をおこなっています。

また、買取商品に合わせて、20年以上の実績を持つ専門鑑定士が対応。信頼度の高い査定を受けることが可能です。

こちらの買取店もLINE・WEB等でスピード査定を実施しています。そのため、手軽に絵画の査定額を知りたい方におすすめです。ネット上でも「査定が迅速で良かった」などの口コミが多く見られます。

絵画の買取相場|作家別の買取事例を紹介

絵画の買取

ここからは次の6ジャンルに分けて、代表作家と代表作の買取相場を紹介していきます。

  • 日本画
  • 洋画(日本作家)
  • 洋画(海外作家)
  • 現代アート
  • 具体美術
  • インテリアアート

※今回紹介している買取相場は、絵画の状態が良いことが前提のため、相場は参考程度にご覧ください。

日本画|100万円超えの買取事例多数あり

日本画の高価買取事例の1つは棟方志功の「沢瀉妃の柵」です。棟方志功は世界的にも有名な版画家であり、納得の買取相場であると言えます。

また東山魁夷といえば、昭和の風景作家を代表する作家。絵画「白馬の森」は、同氏の作品の中でも最も人気のある絵画であり、高価買取の可能性が高いです。

世界的にもファンの多い日本画ジャンル。海外から買い求める人も多いため、知名度の高い日本画は高価買取される可能性があります。

作家名と代表作買取価格事例
東山魁夷「白馬の森」180万円〜230万円
片岡球子「牡丹咲く富士」60万円〜85万円
中島千波「あっぷるてん7」30万円〜40万円
棟方志功「沢瀉妃の柵」300万円〜380万円
千住博「朝の水辺 彩色」150万円〜210万円
小倉遊亀「書(寿野菜図)」8万円〜12万円
加山又造「玉虫」60万円〜70万円
平山郁夫「交河故城トルファン」95万円〜110万円

洋画(日本作家)|1000万円超えの作品も

日本作家の洋画の高価買取事例の1つは藤田嗣治の「少女」です。フランスでは「FOUJITA(フジタ)」という映画が制作されるほどの人気ぶりで、世界的に人気が高いことがわかります。

香月泰男の絵画も、作者没後に再評価の流れがあり、特に国内で人気が高まっています。そのため同氏の絵画「芍薬」は高価買取事例の1つです。

2人の作家に通ずるのは、一時期、海外で創作活動をおこなっていたという点です。

藤田嗣治や香月泰男のように、日本画と洋画の技術が混ざり合った独特な魅力がある絵画ほど、高価買取となる傾向にあります。

作家名と代表作買取価格事例
藤田嗣治「少女」1,600万円〜2,000万円
東郷青児「婦人像 30号」140万円〜210万円
梅原龍三郎「裸婦」10万円〜20万円
絹谷幸二「愛を唄う二人」50万円〜60万円
三岸節子「花」250万円〜300万円
荻須高徳「ラン(Laon) フランス北部」80万円〜100万円
香月泰男「芍薬」320万円〜350万円
中山忠彦「薔薇と少女」50万円〜70万円

洋画(海外作家)|200万円超えの買取事例多数あり

海外作家の洋画の高価買取事例の1つはカシニョールの「犬と散歩」です。

カシニョールはフランスの有名作家であり、日本国内においても幾度となく個展を開催。そのため国内知名度が非常に高い作家だと言えます。

また、ピカソも言わずと知れた著名作家です。国内においては、とにかく知名度の高い海外作家の洋画が高値となる傾向にあります。

裏を返すと、ここに載っていない絵画でも、作家の知名度が高まった時期を見計って売ることで、査定額が跳ね上がる可能性があります。

作家名と代表作買取価格事例
カシニョール「犬と散歩」250万円〜350万円
シャガール「春」55万円〜80万円
ピカソ「Deux Femmes」150万円〜280万円
ビュッフェ「サントロペ」25万円〜30万円
ミロ「LithographeⅢ PL.8」10万円〜15万円
カトラン「Roses d`Inde et Achillees Ete 1981」200万円〜250万円

現代アート|500万円以上の買値がつく作品も

現代アートの高価買取事例の1つはアンディ・ウォーホルの「ミック・ジャガー F&SII 141」です。

彼が手がけた「キャンベル缶」は、世界的にも熱狂的なファンが多く、需要は国内にとどまりません。

キース・ヘリングもニューヨーク、シドニー、パリなど、各地で個展を開催し、多くのファンを獲得しています。

世界的な人気の高さと買取価格は比例していると言っても間違いはないでしょう。

作家名と代表作買取価格事例
草間彌生「かぼちゃ(RY)シルクスクリーン」200万円〜240万円
奈良美智「On the F-word」200万円〜250万円
村上隆「Mushroom Bomb PINK」6万円〜8万円
アンディ・ウォーホル「ミック・ジャガー F&SII 141」480万円〜580万円
キース・へリング「Growing」300万円〜400万円

具体美術|これから買取相場が高騰する可能性あり

近年では白髪一雄の絵画が値上がりしており、アクションペインティングがオークションで5億円の落札価格となったのは非常に有名です。

そのため、今後白髪一雄の絵画が具体美術ジャンルで圧倒的に高価買取となる可能性があります。

吉原治良も2013年にニューヨークで個展が開催されるなど、世間的に再評価の流れが訪れています。

評価の高まっている今こそ、吉原治良の絵画を売る絶好のタイミングだといっても過言ではありません。

作家名と代表作買取価格事例
白髪一雄「燕(“中国戦国七強”より)」30万円〜38万円
吉原治良「円」10万円〜15万円

インテリアアート|10万円以上の買取事例が多め

インテリアアートの高価買取事例の1つは笹倉鉄平の「オンフルール」です。

そして、クリスチャン・ラッセンの「エンドレスドリーム」も高価買取事例として挙げられます。この2人の画家に共通するのが、写実的かつ幻想的なタッチです。

とくに笹倉鉄平は「光の情景画家」とも呼ばれ、見る人に癒しを与える絵画が多数存在します。

インテリアアート日常的に馴染む描写の中で、非現実的な「美しさ」を感じさせる絵画ほど高く評価されるのです。

作家名と代表作買取価格事例
笹倉鉄平「オンフルール」20万円〜30万円
クリスチャン・ラッセン「エンドレスドリーム」10万円〜15万円
キモ「サーフィンの季節」1万円〜3万円
エルテ「エメラルドの夜」10万円〜15万円
トレンツ・リャド「ゲーテの詩と共に」10万円〜15万円

その他の骨董品の買取についてはこちらの記事で解説しています。

絵画を高く売る4つのポイント!付属品も一緒に提出

絵画の買取

次に絵画を高く売るコツを4つ押さえましょう。絵画を綺麗な状態で売るのがポイントです。

  • 保管状態を良くする
  • 査定前に額縁を乾拭きしておく
  • 付属品を一緒に査定に出す
  • 複数の店舗で査定してもらう

①保管状態を良くする

絵画を高く売りたいなら、適切な環境下で絵画を保管することが大前提になります。日に当たる場所や湿度が安定しない場所に置くことは絶対に避けましょう。

絵画が日焼けしてひび割れていたり、カビが生えていると、絵画の買取価格は大幅に下落してしまいます。

絵画を適切に保管するなら、高温になりにくく日が当たらない場所を選びましょう。

また、倉庫や押入れなどに片付けている絵画は、湿度管理のために全体を新聞紙などで包むなど、気配りを怠らないようにしましょう。

②査定前に額縁を乾拭きしておく

査定時に額縁の埃や汚れを除去しておくと、査定額が高くなりやすいです。

なぜなら額縁も絵画の印象を決める1つの要素であるためです。絵画全体が美品であるほど鑑定士の印象が良くなります。

綺麗な布巾を使って額縁をしっかりと乾拭きして、美しい状態にしておきましょう。溝に詰まった埃や汚れの除去は綿棒を使うのがおすすめです。

どうしても取れない汚れは少量のアルコールを布巾につけて擦ると、簡単に除去することができます。

③付属品を一緒に査定に出す

絵画にあわせて、鑑定書や購入証明書、飾り箱などの付属品もそろえておきましょう。

付属品がそろっている絵画は需要が高く、買取価格も高まりやすいからです。とくに鑑定書は、絵画が偽物ではないことを証明する重要な付属品です。

絵画が本物である証拠があれば、買取価格も上がる可能性が高いため、必ず査定時にそろえて出すようにしましょう。

④複数の店舗で査定してもらう

絵画を売る際には、必ず信頼できる複数の店舗で買取査定を行いましょう。

複数の店舗で査定してもらうことで相場がわかり、適切な価格で売ることができます。

ほかにも、複数店舗の中から最も買取価格が高い店舗に売ることができるメリットもあります。1店舗にしか査定を依頼しなかった場合、その店舗が不当な価格を提示しいても見抜けません。

価値のある絵画を適切な価格で買い取ってもらえるように、必ず複数の店舗で査定をしてもらいましょう。

絵画査定前の注意点!サインや状態を確認しよう

絵画の買取

絵画の査定では、以下のポイントが見られる傾向にあります。

  • キャンパスにサインや落隷がある
  • 額の裏側に共シールが貼付されている
  • 油絵ならひび割れ、カビがない
  • 日本画ならシミ、焼け、退色、破れがない
  • 絵画の四隅に浪打がない

上記のポイントが満たせていないと、査定額が下がってしまう可能性があります。あらかじめ留意しておきましょう。

絵画の買取の流れ|依頼前に無料で相談可能

絵画の買取

絵画の買取の基本的な流れは以下のとおりです。

流れ詳細
①問い合わせ・メール、電話、LINE@から相談
・業者によっては事前査定が可能
②買取依頼・キャンペーン情報の有無を確認
・店頭、宅配、出張買取から依頼
③査定・絵画を専門のスタッフが査定
・最短で即日に査定結果の連絡
④結果の確認・査定額に納得できれば成立
・納得できない場合はキャンセル
※キャンセル料の有無は事前に確認
⑤現金の受取・査定金額を現金化して買取完了
・出張は即日現金、宅配は後日振込

絵画の3つの買取方法|店頭買取・宅配買取・出張買取

絵画の買取

絵画の買取は、店頭・宅配・出張買取の3つの買取方法から選ぶことができます。

それぞれの買取方法の特徴と、利用におすすめな人は以下の表のとおりです。

買取方法特徴おすすめな人
店頭買取・成立すればすぐに換金できる
・近くにお店がないと利用しづらい
・数量が多いと持ち運びが大変
・交渉してでも高く売りたい人
・すぐにお金に変えてほしい人
・近くに信頼できる店舗がある人
宅配買取・お店に行かずに査定してもらえる
・ダンボールに梱包する必要がある
・絵画の宅配には向いていない
・お店に行く時間がない人
・地方に住んでる人
・店員と顔を合わせずに売りたい人
出張買取・自宅に買取に来てくれる
・その場で査定し現金化が可能
・点数が多く梱包や運搬が難しい人
・店頭に足を運ぶ時間がない人

絵画の買取では「出張買取」が最もおすすめです。

宅配買取は梱包中や運搬中に絵画にアクシデントが生じる可能性も否めず、店頭への持ち込みはとても慎重に扱う必要があります。

その点、自宅に来てくれる出張買取なら余計なリスクを生じさせません。

絵画買取に関するよくある質問

絵画の買取

最後に絵画買取に関して、よくある質問をまとめて解説していきます。

Q. 無名作家の絵画は買取できる?

A.無名作家の絵画でも買取できる業者は存在します。

今回紹介した全ての買取店では、基本的に無名作家の絵画の買取が可能です。

しかし、そのほか買取店の中には無名作家の絵画は買取していないこともあるので、まずは事前にメールや電話で確認をすることがおすすめです。

Q. レプリカ絵画は買取してもらえる?

A.人気な絵画のレプリカや精巧なレプリカであれば、需要があるため買取してもらえる場合があります。

以下にレプリカ絵画の買取価格事例をご紹介しましょう。

作家名と作品名買取価格事例
モネ「印象・日の出」1万円〜3万円
東山魁夷「緑響く」2万円〜4万円
クレー「忘れっぽい天使」1万円〜3万円

今回紹介した買取店の中では、福ちゃん、美術品・買取センターで、レプリカ絵画の買取をおこなっています。

需要が少ない絵画のレプリカは買取をおこなっていない店舗が多いので、事前に連絡をして買取してもらえるか確認しましょう。

Q. 額装されていない絵画も買取できる?

A.額装されていない絵画も買取対象となる場合が多いです。

ただし額装されていない分、買取価格が相場よりも低くなりると考えられます。

額装がない分、額縁の買取価格を差し引いた査定額となります。以下に額縁の買取価格事例を見てみましょう。

額縁の買取価格買取価格事例
75cm×75cm 額縁1,000円〜1,500円
44cm×54cm F6号 金箔装飾あり 額縁3,000円〜7,000円
80cm×40cm 木製 額縁500円〜1,500円

場合によっては、業者から額装処理を受けた後に、改めて買取査定を受けた方が高く売れるでしょう。

そのため、事前に買取店舗で査定を依頼し、額装費用を検討した上ですぐに売るか、額装後売るか検討することがおすすめです。

Q. リトグラフでも買取可能?

A.リトグラフの買取をおこなっている店舗は多いです。

しかしリトグラフが版画である以上、高値で買い取られることは稀です。

たとえば、草間彌生の「かぼちゃ」のリトグラフ絵画は4万円〜6万円程度の値段が付いていますが、原画であれば200万円〜240万円の買取価格。

このように本物と比べるとかなり安価な買取価格とな可能性が高いです。

Q. 絵画はいつ買取に出すのがいいの?

A.作家自体の知名度が高まっているタイミングです。

知名度が高い作家の絵画ほど需要が高まり、高値で売れやすいからです。

また、絵画の買取価格は景気とも連動する傾向にあります。経済的に豊かであればあるほど、嗜好品として絵画が求められやすいためです。

そういった意味で、作家の知名度が高まり、好景気に傾いている時期こそが、最高の売りどきと言えます。

ただし、知名度が高い有名作家の絵画でも、買取相場が下がってしまうケースがあります。それは「没後」です。

基本的には、作家が存命でないと宣伝活動ができないので、世間的な認知度は徐々に下がっていきます。それが買取価格に反映されてしまうのです。

しかし、まれに没後何十年〜何百年と経過してから再度価値を見出されて、買取価格が跳ね上がある作家、絵画もあります。

もしも「これから買取に出そう」と考えている作家の分かる絵画があるなら、今の時点で「どのくらい世間的な認知度があるのか?」の情報を得ておくといいかもしれません。売るタイミングのひとつの目安になります。

まとめ|絵画を買取査定してもらおう

このコラムでは、絵画のおすすめ買取店や高価買取される作家、高価買取してもらうためのポイントなどを詳しく解説してきました。

自宅に眠っている絵画でも、高値で売れる可能性は充分にあります。

自分では必要と感じていない絵画でも、世界的に見れば高い需要がある場合が多いのです。好機を見逃さず、絵画が痛んでしまわないうちに買取査定に出しましょう。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

この記事を見た人は、下記の記事もご覧になっています

カテゴリ一覧