パソコンを処分する7つの方法!おすすめと廃棄時の注意点 | uruka(ウルカ)

パソコンを処分する7つの方法!おすすめと廃棄時の注意点

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line
7f80488d1cb6648b5b1145719fa44b7c

「パソコンを廃棄したいけど、どうしたらいい?」いざパソコンを捨てるとなると、どうやって捨てたらいいのか分からない方も多いでしょう。パソコンの処分方法はたくさんありますが、それぞれにメリットやデメリットがあります。

今回の記事では、パソコンを処分する7つの方法を徹底紹介。さらに廃棄時の注意点もお伝えします。パソコンには、データが入っているため廃棄にも慎重にならなければなりません。気持ちよくパソコンを処分したい方は、参考にしてみてくださいね。

パソコンを処分する7つの方法をご紹介

【自分で?プロに?】パソコンを処分する7つの方法をご紹介

パソコンを処分するには、自分で行う方法やプロの手に任せる方法などたくさんの方法があります。どれが良いのか分からない方のために、ここではパソコンの処分方法をご紹介します。パソコンを処分する7つの方法は以下のとおりです。

  • パソコン回収業者
  • 製造メーカー
  • パソコン買取業者
  • 家電量販店・販売店
  • 不用品回収業者
  • 自治体の回収ボックス
  • 自主的に販売

それぞれの処分方法について、特徴や魅力、メリットやデメリットを詳しく解説します。

パソコン回収業者|手軽!即日回収やデータ消去も可能

パソコンを捨てたいと思い立ったら、一番手っ取り早い方法は、パソコン回収業者に頼むことです。パソコン回収業者はたいていの場合が無料で、自宅までパソコンを取りに来てくれます。中には送料を着払いにして送ることができる業者もいます。

無料で手軽なことが魅力のパソコン回収業者は、申し込みしたその日に回収してくれることも人気の秘密。その場でデータを消去して見せてくれる業者もいます。

どうして無料でできるのかというと、パソコン内のパーツや本体をリサイクルすることができるからです。

業者にとっても回収してもらう方にもメリットのある回収業者で処分する方法は、今すぐパソコンを処分したい方におすすめ。お金になることはないものの、無料で簡単に処分できることが大きな魅力です。

製造メーカー|PCリサイクルマークで無料回収

もうひとつ簡単な方法は、製造メーカーに回収してもらう方法です。PCリサイクルマークが付いているパソコンは、無料で製造メーカーに回収してもらう対象になります。

2003年(平成15年)10月以降に販売されたパソコンには、PCリサイクルマークが付いており、製造メーカーが回収・リサイクルすることが法律で定められています。送料も無料で回収してくれるので手軽ですが、いくつか注意点もあります。

  • 他のメーカーのものは回収してくれない
  • 回収まで1~2週間待たされることがある
  • モニター(液晶ディスプレイ)は別に申し込みが必要

これらのデメリットが気にならない方には製造メーカーに無料回収を申し込むのがおすすめ。手軽な方法なので検討してみましょう。

パソコン買取業者|高価買取してもらえるケースも!

パソコンの処分方法の中で、最もお得な方法がパソコン買取業者に頼むことです。パソコンの処分をするには無料が一番と思っている方もいるかもしれません。しかし、パソコン買取業者に頼めば高価買取してもらえるケースもあります!

壊れたパソコンだと5円や10円、もしくは買い取ってもらえない場合もありますが、まだ使えるパソコンの場合は、思わぬ価格で買い取ってもらえることもあります。

査定のみなら無料なので、回収してもらう前に一度査定を申し込むことをおすすめします。

パソコン買取業者に頼む方法は、購入5年以内の比較的新しいパソコンを処分したい場合におすすめです。新しいパソコンやスペックの良いパソコンの場合は買い取り額が高くなるので、査定してみましょう。

家電量販店・販売店|購入時の下取りサービスを利用

無料の回収よりもお得にパソコンを処分したい場合には、家電量販店や販売店での下取りサービスを利用する方法がおすすめです。新しいパソコンを購入すると、古いパソコンは下取りしてくれるというお得なサービスです。

結果的に新しいパソコンを買う費用が安くなるのが、家電量販店・販売店で処分することの魅力です。ただ、データの消去サービスは行っていないところが多いので、データはあらかじめ消去しておく必要があります。

データの消去サービスは含まれないとはいえ、新しいパソコンの購入料金が安く済ませられることは大きなメリット。「データの消去は自分で行える!」と自信のある方は、家電量販店・販売店での下取りサービスを利用してみるのも良いでしょう。

不用品回収業者|壊れたパソコンでも回収OK

近所に、「不用品を回収します」とアナウンスしながら走っているトラックは見かけませんか?不用品回収業者に回収してもらう方法でも、パソコンを処分することができます。不用品の回収業者なら、壊れたパソコンでも回収してくれるのが特徴です。

壊れたパソコンを処分したい方は、不用品回収業者に頼んでみましょう。不用品は家庭まで回収に来てくれる業者も多く、持ち運ぶ手間がないことも魅力のひとつです。

ただ、不用品回収業者に頼む場合にも、きちんとデータを消去しておく必要があります。回収時には自分の情報などを一切提示しなくてはいいので、とても楽にパソコンの処分ができます。

しかし、データが入ったままだと悪用されてしまう可能性も高いので、回収を頼む前にきちんとデータは消去しておきましょう。

自治体の回収ボックス|入れるだけで原則無料で処分可能

近くに自治体の回収ボックスがある場合は、そこに入れて処分する方法もあります。

平成25年に制定された「小型家電リサイクル法」により、ノートパソコンなどの小型家電はリサイクルの対象になりました。そのため、多くの自治体の回収ボックスにそのまま入れることができます。

原則無料で処分ができるので手軽ですが、デスクトップやモニターの付いたタイプなどノートパソコンでない場合には処分できないことがあります。また、ハイスペックのパソコンの場合は買い取ってもらった方がお得になる可能性もあります。

個人が特定されない方法で使い古したノートパソコンを簡単に処理したい場合には、自治体の回収ボックスに入れる方法がおすすめです。

自主的に販売|オークションサイトやフリマアプリで

パソコンを処理するには、オークションやフリマで自主的に販売する方法もあります。最近ではオークションやフリマで中古のパソコンをお得に購入したい方が増えてきているので、自分で出品してみると思わぬ高値で売れる可能性があります。

高く売れる可能性が最も高いのが自主的に販売する方法ですが、データの消去も確実に行っておく必要があります。売る相手が業者でなく一般人で、どのような方か分からないため、データが悪用されてしまうケースも考えられます。

自主的に販売する場合は、必ずデータの消去を行っておきましょう。自主的に販売する方法は、オークションサイトやフリマアプリでの出品に慣れていて、パソコンをなるべく高く売りたい方におすすめです。

パソコンの処分方法を選ぶ際の3つのポイント

パソコンの処分方法を選ぶ際の3つのポイント

パソコンの処分方法はたくさんあります。賢くパソコンを処分するためには、自分に合った処分方法を選ぶことが大切。自分に合った処分方法を選ぶための3つのポイントは、以下のとおりです。

  • 【パソコンの状況や年式】使用できるパソコンは買取業者で査定を!
  • 【安心・信頼性】データ消去で個人情報の流出トラブルは回避しよう
  • 【処分費用】どこまでのサービスが含まれているのか要チェック

それぞれのポイントについて、分かりやすく解説します。

【パソコンの状況や年式】使用できるパソコンは買取業者で査定を!

パソコンを処分したい場合は、まずはパソコンの状況や年式を確認してみましょう。もしまだまだ使用できるパソコンで、購入が5年以内の比較的新しいパソコンの場合は、迷わず買取業者で査定をしてもらうことをおすすめします。

パソコンの回収にはほとんどの場合はお金はかかりませんが、無料の回収ではなく現金をもらえる可能性があります。壊れて起動しないパソコンの場合は買い取ってもらえない可能性が高いですが、使えるなら買い取ってもらえるはずです。

買取額の査定は、車を売りたい時と同じようにいくつかの業者に見積もりを出してもらうことをおすすめします。

ネットでは、一括査定サービスでいくつかの業者の買取額を比較できるものもあるので、使用できるパソコンの場合は申し込んでみましょう。

【安心・信頼性】データ消去で個人情報の流出トラブルは回避しよう

パソコンを手放すうえで、安心・信頼性を重視するなら、実績のある業者に回収してもらうことをおすすめします。ただ、データを完全に消去しておけば、どの方法で処分を行っても大丈夫です。

パソコン内には、銀行口座の情報やサイトのパスワード情報、SNSの情報、プライベートな写真や動画など、たくさんの個人情報が含まれています。

普段は個人情報などあまり意識せずに過ごしていますが、流出してしまうと大きな被害を受けることもあります。

パソコンを処分する前には、必ずデータを消去し、トラブルを回避することが大切です。もしパソコンのデータ消去を業者に頼む場合は、その業者が信頼できる業者であることをホームページや電話で確認してから申し込みましょう。

【処分費用】どこまでのサービスが含まれているのか要チェック

パソコンを処分するのに専門業者などのプロに任せるなら、処分にかかる費用を把握しておきましょう。パソコンは無料で回収してくれる業者が多いですが、「実はパソコンを送るのに送料がかかってしまった」というケースもあります。

処分の費用にはどのようなサービスが含まれているのか、あらかじめ確認してから費用の安く済む業者や方法を選びましょう。パソコンの廃棄にかかる費用は以下のとおりです。

  • 処分・廃棄・リサイクル料金
  • 収集・運搬・配送料金

この他、データ消去料金は自分で払わなくてはならないので、こちらも業者に頼む場合には発生することがあります。

上記のうち、特に収集・運搬・配送料金はチェックしておきたいポイント。処分費用をなるべく抑えたいなら、パソコンの収集や配送に費用がかからないことを確認しておきましょう。

処分・廃棄する前に知っておこう!パソコンのデータ消去方法

処分・廃棄する前に知っておこう!パソコンのデータ消去方法

パソコンを捨てる前には、中にあるデータを消去することが大切です。パソコンのデータを消去する具体的な方法は、大きく分けて以下の3通りがあります。

  • ソフトウェア消去|無意味なデータの上書きで、読み取り不可に!
  • 物理的に破壊|ハードディスクの機能自体を消失させる!
  • 強磁気で破壊|専用装置で磁気をあてて、データを修復不可に!

パソコンを処分する前に知っておくことでスムーズにパソコンが捨てられるはず。それぞれのデータ消去方法について、詳しく解説します。

ソフトウェア消去|無意味なデータの上書きで、読み取り不可に!

パソコンのデータを消去する最も一般的な方法が、ソフトウェアを消去してしまう方法です。無意味なデータを書き込んであるソフトウェアに上書きすることで、元のデータを読み取り不能にします。

この方法は有料でも無料でもできますが、無料でできるフリーソフトを使うのがおすすめです。無料だからといって質が落ちるわけではなく、完全にデータを消去するための手軽な方法といえます。

ソフトウェアの消去CDが、購入時の付属品の初期化CDに付いている場合もあります。また、家電量販店などで5,000円程度で購入することもできます。

ただ、この方法はパソコンが起動するときにのみ行える方法です。パソコンが動くけど故障気味という場合には、ソフトウェアの消去を試してみましょう。

物理的に破壊|ハードディスクの機能自体を消失させる!

パソコンのデータは、物理的に破壊することでも消去することは可能です。ハンマーなどを使い、パソコンのハードディスクを叩き壊す方法で、ハードディスクの機能を消してしまいます。

叩き壊す方法は、特に消し去りたいデータがある場合に有効ですが、あまりおすすめできる方法ではありません。物理的に破壊しても、データのある場所を壊すことができない可能性があるからです。

また、分解したパーツは処分できるのか確認するのにも手間がかかってしまいます。自治体によって処分の仕方が違うので、苦労してしまいます。

ただ、自分で徹底的にデータを破壊したい方は、検討してみても良いでしょう。トンカチでガンガン叩く瞬間は、とびきりのストレス解消となるかもしれません。

強磁気で破壊|専用装置で磁気をあてて、データを修復不可に!

パソコンのハードディスクは、磁気を利用してデータを保存しています。データを書き込むハードディスクに強めの磁気を当てることで、元のデータを読み取ることができなくなります。

しかし、強磁気でデータを破壊する方法は、専用装置を使って行う必要があります。専用装置は自宅にはないので、業者に頼むことになります。データ消去業者には、磁気を使ったデータの消去を行っている会社があるので、気になる方は利用してみましょう。

強磁気で破壊する場合は、2,000円代からデータ消去をしてくれる業者が見つかるので、手軽に行えます。パソコンが壊れていてもハードディスクを取り出して消去することができるので、パソコンが動かないと悩んでいる方は強磁気での消去を検討してみましょう。

トラブル回避!パソコンを処分・破棄する際の注意点

トラブル回避!パソコンを処分・破棄する際の注意点

パソコンを処分するときは、パソコンをどうやって捨てるのかに意識がいってしまいがち。どのように中に入っているデータを消去しようかと一生懸命になってしまうものです。しかし、大切なデータを保存しておくことは忘れてはいけません。

パソコンの中にある大事なデータには、以下のようなものが挙げられます。

  • 写真や動画
  • アカウントのIDとパスワード情報
  • 銀行の情報
  • お気に入りやブックマーク
  • エクセルやワードのファイル

データを完全に消去する前に、大切なデータのバックアップがとってあるか、もう一度確認しておきましょう。

また、データの消去を誰かに頼む場合は、「データ消去証明書」を発行してもらうことも大切です。この証明書があれば、トラブルがあった場合にも法律が保護してくれます。

まとめ|データさえ消去してあればどの方法でもOK

まとめ|データさえ消去してあればどの方法でもOK

パソコンの処分前には、パソコンのデータを消去しておくことが大切です。自分でできる方法やプロに頼む方法などたくさんの方法がありますが、消去しておくことで個人情報流出のトラブルが回避できます。

データさえ消去してしまえば、あとはどの処分方法を選んでも安心。価格重視の方には買取査定、そして手軽さ重視の方には無料の回収がおすすめです。

せっかくの楽しいパソコンの買い替えも、パソコンをスムーズに処分できなければストレスになってしまいます。しかし、パソコンの処分の方法を知っておけば、ストレスなくパソコンが処分できるはずです。

上記に紹介した処分方法から好きな方法を選び、爽快な気分で古いパソコンにサヨナラしましょう。するとまた新しい素敵なパソコンに出会えるはずですよ。

  • twitter
  • facebook
  • hatebu-bookmark
  • line

カテゴリ一覧